コンチネンタルGTにエッジを効かせたGT SとGTC Sが新登場

(2022年6月6日、クルー) ベントレーのコンチネンタルGTシリーズにドライビングパフォーマンスとビジュアルプレゼンスを重視したSモデルが新登場します。

キャラクター際立つモデルの投入により、同シリーズのさらなる充実を図ります。新型Sモデルではエクステリアデザイン、インテリア仕様、動力システムに様々な改良を加え、ドライビングプレジャーを軸にしてベントレー流グランドツーリングを見直しました。先日発表されたアズールは快適性を追求し、「ウェルビーイング・ビハインド・ザ・ホイール」をコンセプトとしていますが、Sモデルはその対極をなします。

これまでベントレーの2ドアモデルには、6.0リッターW12エンジンが圧倒的なパワーを発揮するコンチネンタルGTスピードや、4.0リッターエンジンの鼓動が特徴的なコンチネンタルGT V8などがあり、様々なモデルを通してオーナーの皆様の期待に応えてきました。新たに追加されるコンチネンタルGT SとコンチネンタルGTC Sはパフォーマンスを重視したデザインとエンジニアリングにより、4.0リッターV8エンジン搭載のコンチネンタルGTの中でもスポーティなキャラクターを強調したモデルとなっているため、オーナーの皆様の選択肢がさらに広がります。

俊敏で爽快な走り
新型Sモデルは世界中で絶大な人気を獲得している4.0リッターV8エンジンを搭載し、最高出力550PS、最大トルク770Nmを発揮。0-100km/h加速はわずか4.0秒です。クロスプレーン方式のV8の鼓動を強調するため、GT SとGTC Sにはスポーツエキゾーストが標準装備されます。

4.0リッターV8エンジンが小気味よく軽快に吹け上がり、優れたレスポンスと俊敏な走りを実現し、ベントレーがいち早く採用した48V電動アクティブ・アンチロール・コントロール・システム「ベントレーダイナミックライド」がその走りを支えます。急カーブ時には各アンチロールバーに内蔵されたモーターが最大1300Nmのトルクを0.3秒以内に発生させ、コーナリングフォースを抑制してロールを最小限に抑える一方、巡航時は左右ホイールをデカップリングすることによって快適な乗り心地をもたらします。

エクステリアデザイン:凜とした佇まい
ブラックグロスのラジエターグリル、ブラックのブライトウェア、フロントフェンダーのSバッジなど、新型Sモデルは見る人を一瞬で魅了します。ヘッドライトとリアライトはダークティント、エクステリアのブライトウェアはすべてグロスブラックで、「ウイングドB」のバッジと「BENTLEY」のロゴだけがブライトクローム仕上げとなります。リアウイングはダークなエクステリアにマッチするグロスブラックです。こうした演出の絶大な効果によって、GT SとGTC Sはエクステリアカラーの選択肢が限られているにも関わらず、これまで以上に凜とした佇まいに仕上がっています。

Sモデルのホイールは完全新設計の22インチホイールです。Y字型の5本スポークの仕上げは「グロスブラック」または新登場の「ペールブロッガーサテン」を選択できます。レッドペイントのブレーキキャリパーがホイールに映え、スポーティな雰囲気を醸し出します。Sモデルにはグロスブラック仕上げとブライトマシニング仕上げを施した専用の21インチトライスポークホイールも用意されます。

フロントフェンダーのSバッジ、クアッドエキゾーストテールパイプ(もちろんブラック)、コンチネンタルGTスピードと共通のブラックのシルエクステンダーなどもエクステリアを引き締めます。

インテリアデザイン:肌触りにまでこだわった独特の世界観
Sモデルのインテリアは凜とした躍動感のあるエクステリアデザインとの相性が素晴らしく、パフォーマンスを意識した独特の世界観が表現され、Sモデル専用のツートンカラースプリットで彩られます。

ベントレーが創業当初に参戦していたブルックランズやル・マンの耐久レースでは、ステアリングホイールに紐を巻き付けてクッション性やグリップを確保することがありましたが、現代はそんな必要はありません。コンチネンタルGT SとコンチネンタルGTC Sのステアリングホイール、ギアレバー、シートクッション、シートバックレストに採用されたスエード調の「ダイナミカ」が、スポーティな走りを叶える理想的な肌触りをもたらします。シートボルスター、ドアパッド、インストルメントパネル周り、コンソール周りにはレザーハイドが配置されます。ベントレーの最高級レザーとダイナミカを組み合わせたインテリアに、レザーの滑らかさとダイナミカのソフトな起毛仕上げが共存します。

ドライバーインストルメントパネルもスポーティさを強調したデザインです。パフォーマンスを意識したグラフィックはコンチネンタルGTスピードと共通です。Sデザインのフルートシートはオプションでキルティングを選択できます。各シートのヘッドレストには「S」のエンブレムが刺繍されます。無償オプションでベントレーウイングの刺繍に変更することも可能です。フェイシアの金属製「S」バッジはインテリアのさりげないアクセントです。イルミネーテッドトレッドプレートには「Bentley Motors Ltd」の代わりに「S」のデザインが刻まれます。

スポーティとウェルネス、異なる視点で選ぶ
デザイン、パフォーマンス、敏捷性が絶妙に融合したコンチネンタルGT SとコンチネンタルGTC Sは、パワフルで積極的な走りを愛する人々を惹き付ける強烈な魅力を備えています。新型Sモデルに先駆け、ウェルネスに着目したアズールが発表されていますので、車内の快適性とウェルビーイングを求めるならアズール、ダイナミックなパフォーマンスとビジュアルプレゼンスを求めるならSモデルやスピードモデルといった具合に、好みに合ったベントレーを見つけやすくなっています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベントレーモーターズジャパン >
  3. コンチネンタルGTにエッジを効かせたGT SとGTC Sが新登場