Buddycom テレビCM第一弾、『上層部も満足、現場のチーム連携編』を放映

未来型チームコミュニケーション「Buddycom(バディコム)」を開発・販売する株式会社サイエンスアーツ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:平岡 秀一)は、関東エリアにおいて、『上層部も満足、現場のチーム連携編』のスポットテレビCMを、テレビ東京・フジテレビにて1月20日より放映開始することをお知らせします。

Buddycom TVCM第一弾、『上層部も満足、現場のチーム連携編』

Buddycomはすでに鉄道、航空、流通、介護・福祉、工場をはじめ、ありとあらゆる業種で現場を支える新たなコミュニケーションツールとしてご導入いただいていますが、この度「Buddycom」というサービスのさらなる認知度向上を目指して、TVCMを放映することになりました。
TVCM放映はBuddycom初の取り組みであり、他にも、ツイッター、Facebook、Youtubeにて、15秒字幕ありバージョンのCMが放映されています。
全種類のCMはこちら:https://www.buddycom.net/ja/about/cm.html

Buddycomは音声・映像での遠隔コミュニケーションが可能なツールとなっていますので、新型コロナウイルスの感染再拡大の中でも、多くの現場で活躍しています。
1ヶ月無料でお試しできますので、ぜひ実際に触ってみてください。
無料トライアルはこちらから:https://console.buddycom.net/static/pc/signup.html#/


<ストーリー>
とあるインテリアショップの売り上げが伸びていると知り視察に来た副社長は、現場の従業員がスタイリッシュにチーム連携し、スムーズなお客様対応をしていることに驚く。
一斉にお客様が従業員に話しかけてきたが、Buddycomを使ってチーム全員にヘルプを要請し、瞬時に全て解決。副社長も満足げにその場を後にした。

[ テレビCM概要 ]
● タイトル:Buddcyom「上層部も満足、現場のチーム連携編」
● 放映開始日:2021年1月20日(水)〜2021年1月31日(日)
● 放映エリア:関東
● 放映局:テレビ東京、フジテレビ
 

  • Buddycomとは

“現場が変わる“未来型チームコミュニケーションのクラウドサービスです。
音声や動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能です。
利用実績では、航空、鉄道、建設、流通など様々な業種でのコミュニケーションとして利用されています。
また、災害などの緊急連絡手段(BCP)として利用していただいています。

主な特徴は以下の通り。
●マーケットプレイス(音声テキスト化、自動翻訳コミュニケーション、etc)
●様々な業種でパートナーエコシステムを推進
●24時間365日のミッションクリティカルで利用
●グローバルにサーバーを分散したディザスターリカバリー構成
●運用支援(SAML認証。アプリ設定の一括管理)
●企業間でのチームコミュニケーションをサポート(音声共有、音声テキスト化、LIVE動画など)
●監査ログの取得

30日間無料トライアル実施中
「Buddycom」Webサイトからお申込みいただき30日間無料でお使いいただけます。
https://console.buddycom.net/static/pc/signup.html#/

製品仕様
アプリ名:Buddycom (バディコム)
対応OS: iOS、Android、Windows
提供会社:株式会社サイエンスアーツ
導入事例に関してはこちら:https://www.buddycom.net/example/example.html

お問い合わせ先
【社名】株式会社サイエンスアーツ
【所在地】東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル7階 
【設立】2003年9月19日
【TEL】03-5846-9670
【E-mail】pr@science-arts.com
Buddycom https://www.buddycom.net/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイエンスアーツ >
  3. Buddycom テレビCM第一弾、『上層部も満足、現場のチーム連携編』を放映