【みんなの介護】「空室あり」の老人ホームが多い地域ランキング 【2022年9月・中部編】

掲載施設数No.1(※)の⽼⼈ホーム検索サイト「みんなの介護」を運営する株式会社クーリエ(本社:東京都渋⾕区、代表取締役 安⽥ ⼤作)では、サイト運営で得た知⾒を基に介護事業の課題や社会的事象を調査・研究しています。今回は、中部圏に位置する「すぐに入居可能」な老人ホームの空室情報に関するレポートです。
2022年7月以降、老人ホームへの施設見学の件数が増加傾向にあります。9月は直近3カ月のうち、最も施設見学数が多かった月となりました。

そこで今回は、首都圏・近畿圏に続き、愛知県や静岡県が属する中部圏に所在する「空室あり」の老人ホームが多い地域をランキング形式にまとめました。
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000015597.html



1位は名古屋市で169件。次いで2位は58件で静岡市、3位は岐阜市で46件でした

愛知県全体では施設掲載数2,190件に対して、388件の老人ホームに空室があるので、愛知県の約5か所に1か所の老人ホームに空室があるようです。名古屋市の老人ホーム掲載数は819件なので、都市部に集中していることも分かります。

トップ3を詳しく見ていきます。
1位の名古屋市を区別に見ていくと、空室が最も多いのは守山区で20件、次いで名東区・天白区に17件ずつとなっており、最も少ない東区は2件となっています。

2位の静岡市の空室件数は、58件です。静岡県全体で見ると、掲載施設数1,183件に対して空室は177件なので、愛知県に比べて空室率が低く、今回の調査の対象となった4県において最も空室数の少ない県となりました。

3位の岐阜市は46件の空室数です。岐阜市の掲載数は207件なので、愛知県よりも空室数の割合は少なく、平均的な結果となりました。

最後に、ある名古屋市の施設へ見学をされた方へのアンケートを紹介します。
「スタッフさんの対応・施設の設備が良かったので、入居を決めました」
「交通の便も良く、近くに商業施設があるのが嬉しいです」
「入居帰りがけに孫を連れて行きたいです。面会制限はありますが、家族4世代で集まれる日が楽しみです!」

老人ホーム選びにおいては、立地も非常に重要です。検討範囲を広げて、まずは施設見学を検討されてみてはいかがでしょうか。

データ出典:全国の即入居可・空室のある老人ホーム・介護施設一覧|みんなの介護
https://www.minnanokaigo.com/search/vacant/

テキスト版、すぐに入居できる「空室あり」の施設が多い地域ランキング 【中部編】
1位:名古屋市/169件
2位:静岡市/58件
3位:岐阜市/46件
4位:浜松市/36件
5位:一宮市/26件
6位:春日井市/25件
7位:豊橋市/19件
7位:津市/19件
9位:鈴鹿市/15件
10位:大垣市/13件
10位:四日市市/13件
12位:稲沢市/12件
13位:各務原市/11件
13位:富士市/11件
15位:沼津市/11件
16位:豊田市/9件
16位:松坂市/9件
16位:伊藤市/9件
16位:島田市/9件
20位:尾張旭市/8件
20位:江南市/8件
20位:多治見市/8件
20位:伊賀市/8件
20位:桑名市/8件
25位:北名古屋市/7件
25位:名張市/7件
25位:多気郡/7件
25位:熱海市/7件
25位:藤枝市/7件
30位:大府市/6件
30位:日進市/6件
30位:津島市/6件
30位:長久手市/6件
30位:駿東郡/6件

【調査概要】
  • 調査実施日:2022年9月29日
  • 調査対象サイト:「みんなの介護」https://www.minnanokaigo.com/
  • 調査対象:「みんなの介護」に掲載している49,836件の介護施設
  • 調査機関: みんなの介護(株式会社クーリエ)
  • 算出方法:中部圏(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)に位置する、空室がある介護施設数
※主要な老人ホーム検索サイトを対象に掲載施設数の調査を行った結果、みんなの介護がNo.1を獲得しました。

【掲載施設数についての調査概要】
  • 調査期間:2022年4月7日~4月11日
  • 調査方法:自社調べ
  • 調査対象サイト:みんなの介護、LIFULL介護、探しっくす、オアシスナビ、シニアのあんしん相談室、MY介護の広場、有料老人ホーム情報館、いい介護
  • 施設数の計上方法:調査対象サイトについて、調査期間中における各都道府県の施設掲載数(訪問介護事業所を除く)の積み上げ値を比較。各都道府県の施設掲載数については、調査対象サイトの都道府県のインデックスページに記載されている検索結果数について、実際の掲載数との整合性を確認の上、当該結果数の数値を採用。​​
  •    株式会社クーリエについて​


株式会社クーリエでは、「きちんとした情報があれば、⼈はもっと良い選択ができる」という考えのもと「確かな価値を多くの⼈へ」という企業理念を掲げ、デジタルプラットフォームビジネスを展開し、新たな価値創造を追求しています。

〈関連ウェブサイト〉
介護情報の総合ポータルサイト「みんなの介護」
https://www.minnanokaigo.com/
介護の⼈材採⽤メディア「みんなの介護求⼈」
https://job.minnanokaigo.com/
連載コンテンツ「みんなの介護ニュース」
https://www.minnanokaigo.com/news/
介護福祉⼠ 国家試験対策ツール「ケアスタディ」
https://job.minnanokaigo.com/carestudy/
介護スタッフ広場「みんなの介護コミュニティ」
https://job.minnanokaigo.com/community/

〈公式SNS〉
「みんなの介護」Facebookページ
https://www.facebook.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」Twitter公式アカウント
https://twitter.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」 Instagram公式アカウント
https://www.instagram.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/minnanokaigo/
「みんなの介護求人」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWaUESoZ1t_e29FciH5btKg

【会社概要】
株式会社クーリエ
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17F
代表取締役 安田 大作
コーポレートサイト
https://www.courier.jpn.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クーリエ >
  3. 【みんなの介護】「空室あり」の老人ホームが多い地域ランキング 【2022年9月・中部編】