プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社Hubble
会社概要

ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社に、契約書管理クラウドサービス「Hubble」が導入されました

Hubble

株式会社Hubble(東京都港区、CEO:早川晋平)が提供する契約書管理クラウドサービス「Hubble」が、ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:内田直克)に2022年8月に正式導入されました。

 
  • 「Hubble」導入の背景
・不動産私募ファンドの組成・運用業務においては社内外の複数の関係者と多岐にわたる契約書等の書類のやりとりが必要となる中、締結に至るまでのバージョン管理や締結版のファイル管理がファイルサーバ内で行われるのみで、データとしての蓄積はされているものの、ナレッジとしての社内共有には至っていなかった
・契約書等の書類のやり取りは社内メンバーも複数人が関与するため、誰がどのタイミングでどこに保存するかなど統制を取ることが難しく、特定のメンバーが代表して管理していたが、そのメンバーへの業務負荷が高まるというデメリットが生じていた
・各種会議体における議事録の作成にあたって、過去の議事録を参照しようとしても検索に時間がかかっていた。また、作成した議事録の確認作業も電子メールにドキュメントファイルを添付してのやりとりが多く、非効率だったため、専用ツールを導入し試験的に利用していたが、期待される効果が得られず、代替ツールの導入を模索していた
 
  • 「Hubble」正式導入の決め手
当社では、契約書等の書類や各種会議体の議事録等の作成にあたり、社内外の多くのメンバーが関与するため、作成過程のバージョン管理や締結版のファイル管理を効率的に行うことが求められます。Hubbleが有する権限設定やチャット機能、自動でのバージョン管理や差分機能等の各種機能を有効活用することで、Hubble内に一元化されたナレッジとして蓄積でき、契約書等作成業務の効率化が見込まれました。また、他社サービスを利用していた段階で、そのツールを有効活用するために高度なノウハウが必要であり、全役職員にそのノウハウが共有されるかという点を課題に感じていましたが、Hubbleはユーザビリティも高く、チャット機能だけ使ってみる、といった段階的な利用も可能であり、最終的に全役職員の利用を見込んでいる当社にとって、フィットしやすいツールであると判断しております。今後、社内でのHubble利用の拡充が進むものと、大変期待しています。

ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社 取締役 企画管理部長 曽根正彦 様

 

▽「Hubble」の機能紹介ページはこちら
https://hubble-docs.com/function

▽「Hubble」の権限設定についてのヘルプページはこちら
https://help.hubble-docs.com/ja/articles/4790434

▽本記事や「Hubble」に関するお問い合わせはこちら
https://hubble-docs.com/contact


<ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社 会社概要>
会社名: ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社
所在地: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番6号 日比谷パークフロント
設立: 2018年4月27日
資本金: 150百万円
代表者: 代表取締役 内田 直克
事業内容: 投資運用業、投資助言・代理業、不動産投資顧問業、第二種金融商品取引業
URL:https://kenedix-ip.com/index.php



◆契約書管理クラウドサービス「Hubble」とは
Hubble(ハブル)は、約200社1.3万人が利用する、“迅速で、ミスのない業務フローを実現する”契約書管理クラウドサービスです。SlackやTeams、クラウドサインなどと連携しながら、契約業務を効率化し、契約書締結までのコラボレーションを最速化します。バージョン管理だけでなく、契約書締結後の管理も可能で、期限管理や検索機能も充実しており、契約データベースとしても強力です。
「Hubble」サービスサイト:https://hubble-docs.com/lp/document-download/

◆会社概要 株式会社Hubble
「契約をデザインし、合理化する」をミッションに、①契約業務・契約書管理クラウドサービス「Hubble(ハブル)」、②NDAの統一規格化を目指すコンソーシアム型の NDA 締結プラットフォーム「OneNDA(ワンエヌディーエー)」、③ベンチャー・スタートアップのための法務メディア「Legal Ops Lab(リーガルオプスラボ)」を提供・運営しております。
・所在地  :東京都港区港南二丁目 15 番 1 号 品川インターシティ A 棟 22 階 SPROUND 内
・取締役  :早川晋平(CEO) / 藤井克也(CTO) / 酒井智也(CLO 弁護士)
・企業サイト:https://hubble-docs.com
・「Hubble」3 周年記念 特設サイト:https://hubble-docs.com/3rd-anniversary

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://hubble-docs.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社Hubble

20フォロワー

RSS
URL
https://hubble-docs.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿西2丁目7−3 いちご恵比寿西ビル5階
電話番号
050-1808-4340
代表者名
早川晋平
上場
未上場
資本金
6046万円
設立
2016年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード