カシオ計算機「G-SHOCK」×神戸市消防局 コラボ第2弾!『救助隊発足50周年記念モデル』を12/7より発売

このたび、神戸市消防局とカシオ計算機株式会社が連携し、神戸市消防局の救助隊発足50周年を記念した限定モデルのG-SHOCKが発売される運びとなりました。
本企画は、平成27年に全国消防救助技術大会(神戸市開催)のPRを目的として発売された限定モデルに続く、カシオ計算機との2度目のタイアップ企画です。救助隊が昭和43年に発足してから50年。火災現場での人命救助に加えて水難救助や山岳救助にも出動し続けてきた救助隊員達の「街を守りたい」という強い想いが込められています。
また、本企画に合わせた共同プロモーション動画の制作が進行中です。動画には昼夜を問わず災害対応にあたる救助隊の活動を多数収録しています。近日公開しますので、ぜひご覧ください。


1.タイアップ企画のねらい
昭和43年に“消防専任救助隊”の名称で発足して以来、火災現場での人命救助に加え、水難救助や山岳救助などあらゆる災害に出動してきた当局の救助隊が、今年5月で発足50年目を迎えたことを契機に、本企画はスタートしました。
50年という単なる「時間の区切り」をPRするのではなく、救助隊員達がこれまで50年間、つねに胸にし続けてきた「街を守りたい」という強い想いと、これからもずっと「街を守り続けていく」という不朽の決意を、1人でも多くの方に伝えたいと考えています。

2.商品概要
○商品名:G-SHOCK 神戸市消防局救助隊発足50周年記念モデル『GW-B5600FB』
○発売日:平成30年12月7日(金曜)
○メーカー希望小売価格:28,000円(税別)
○販売地区:全国発売
○販売者:カシオ計算機株式会社(東京都渋谷区本町1-6-2)
〇商品の特長:
・神戸市消防局の専任救助隊・特別高度救助隊が着用する防火服をモチーフにし、オレンジ色をベースに、差し色としてネイビーを各所に使用しました。また、バンド裏面は防火服の反射材をイメージした蛍光イエローとし、こだわりのカラーリングに仕上げています。
・バンドには救助資機材のロープ、バックライト部には、もやい結びとカラビナを象徴したデザインを施し、神戸市消防局の消防章を裏蓋に刻印。
・また、外箱は消防車を、内箱はヘルメットをイメージしたデザインとし、「鋭い目で要救助者を見つけ出し、一度つかんだら決して離さない」という救助隊の姿勢を表現したイーグルロゴをあしらいました。
・専用アプリと時計のボタン操作の連携で、その時点の時間と場所をアプリの地図上に記録でき、消防、救助活動の行動記録も可能です。
〇その他:
商品の発売およびプロモーションはカシオ計算機(株)が実施するため、本企画の実施にあたり、消防局側の費用負担は一切ありません。

3.共同プロモーションムービーの製作について
タイアップ商品の発表と救助隊発足50周年をPRするための共同プロモーション動画をYouTubeにて近日公開します。(平成30年11月下旬に公開予定)昼夜を問わず災害対応にあたる救助隊の活動を多数収録した、迫力ある映像に仕上がる予定ですので、公開の際はぜひご覧ください。

4.商品画像
救助隊が着用する防火服をイメージしたデザイン(オレンジ生地にネイビーの差し色、反射材をイメージした蛍光イエロー)

消防車の赤と、ヘルメットのデザインをそれぞれイメージした箱・缶。
その両方に救助隊のイーグルマークをデザイン。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神戸市 >
  3. カシオ計算機「G-SHOCK」×神戸市消防局 コラボ第2弾!『救助隊発足50周年記念モデル』を12/7より発売