グローバルの大手製薬企業ノバルティス、CBREを不動産管理およびコンサルティングサービスのグローバルプロバイダーに任命

(この資料は2019年10月29日にロサンゼルスで発表されたリリースの翻訳版です)
カリフォルニア州ロサンゼルス、2019年10月29日 - CBREグループ(NYSE:CBRE)は本日、グローバルの大手製薬企業の一つ、ノバルティスからグローバル不動産サービスの専任プロバイダーに任命されたと発表しました。
この新たな任命を受け、CBREのグローバルワークプレイスソリューションズ(GWS)およびアドバイザリー&トランザクションサービスの両チームは、日本を含む90カ国以上に7,000万平方フィート(650万平方メートル)のオフィス、ラボラトリー、製造および研究施設などさまざまな不動産を所有するノバルティスに対し、不動産および施設に関わる一連のサービスを提供します。CBREはノバルティスの不動産ポートフォリオの変革をサポートし、社員の職場環境改善とサステイナビリティー計画の推進をお手伝いいたします。

CBRE EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)エンタープライズ・アカウントプレジデントのポール・サヴィル-キングは、「CBREは世界中で完全に統合された不動産サービスを提供できるため、ノバルティスにとって理想的な選択肢であったと確信しています。当社は、ノバルティスがグローバル規模で取り組んでいる不動産ポートフォリオと事業パフォーマンスの最適化のサポートに全力を尽くします。また、ノバルティスが不動産の環境負荷を減らし、職場環境を改善することで、同社の社員のみなさんが患者さんに対して、最良の仕事をすることができるよう、お手伝できることも楽しみにしています」と述べています。

CBREは競争入札プロセスに従って、ノバルティスより任命されました。これは、当社の高成長分野であるライフサイエンスセクターにおける、GWSビジネスのさらなる成功を意味するものです。

 
CBRE日本法人について
CBRE日本法人(シービーアールイー株式会社)は、不動産賃貸・売買仲介サービスにとどまらず、各種アドバイザリー機能やファシリティマネジメント(FM)などの18の幅広いサービスラインを全国規模で展開する法人向け不動産のトータル・ソリューション・プロバイダーです。CBREの前身となった生駒商事が1970年に設立されて以来、半世紀近くにわたり、日本における不動産の専門家として、全国10拠点で地域に根ざしたサービスを展開してきました。企業にとって必要不可欠な「ビジネスインフラ」として認められる不動産アドバイザリー&サービス企業を目指して、国内約1,100名を超えるプロフェッショナルが、最適かつ的確な不動産ソリューションを中立的な立場で提供いたします。詳細につきましては日本国内ホームページ www.cbre.co.jp をご覧ください。公式Twitterアカウント:@cbrejapan
 
CBREグループについて
CBREグループ(NYSE:CBRE)は、「フォーチュン500」や「S&P 500」にランクされ、ロサンゼルスを本拠とする世界最大の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社です(2018年の売上ベース)。全世界で90,000 人を超える従業員、約480 カ所以上の拠点(系列会社および提携先は除く)を有し、投資家、オキュパイアーに対し、幅広いサービスを提供しています。不動産売買・賃貸借の取引業務、プロパティマネジメント、ファシリティマネジメント、プロジェクトマネジメント、事業用不動産ローン、不動産鑑定評価、不動産開発サービス、不動産投資マネジメント、戦略的コンサルティングを主要業務としています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シービーアールイー株式会社 >
  3. グローバルの大手製薬企業ノバルティス、CBREを不動産管理およびコンサルティングサービスのグローバルプロバイダーに任命