世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年11月】

~多言語Webプロモーションにシェア状況データを活用する~

 アウンコンサルティング株式会社(東証二部:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下、アウンコンサルティング)は、マーケティング(SEM(検索エンジンマーケティングサービス、インターネット広告など)、アセットなどのグローバルコンサルティングを展開しています。また、アジアにおいていち早くSEOを事業化し、2020年6月より23期目を迎えています。
 この度、世界40カ国を対象に、モバイルにおける各国主要OS・機種シェアについて調査致しました。
※世界40カ国には国と地域を含みます。
世界40カ国、主要OS・機種シェア状況
 スマートフォンの普及率は世界中で増加傾向にあり、国内外でインターネットマーケティングを実施するにあたり、世界の主要モバイルシェア状況を把握することは、重要な軸となっております。アウンコンサルティングではこの度、世界40の国と地域を対象に、2019年9月から2020年9月までのモバイルにおける主要OS、主要機種のシェア状況をまとめました。
 なお、全世界のOS・機種シェアは以下の通りです。

<OSシェア(全世界)>
1位 Android:74.43%
2位 iOS:24.99%

<機種シェア(全世界)>
1位 Samsung:30.58%
2位 Apple:24.99%

■【OSシェア】Androidが34カ国で1位、うちシェア80%以上は14カ国
 OSシェアでは、今回調査した40の国と地域のうち、34カ国でAndroidが1位、その中で14カ国が80%以上のシェアを占めていることが分かりました。
 これは機種シェアとも相関関係があり、Androidが搭載されている機種のシェア率が増加傾向にあります。Samsungに関しては大きな変動はないものの、以下のグラフからも分かるようにHuaweiのシェアが2015年頃を境に世界的に増加していることが分かります。
 

※Statcounterのデータを参考にアウンコンサルティングが作成

 以下の各国ごとのデータを見ても、2017年の9月から2020年の9月にかけて、Huaweiが新たに2位以内にランクインしている国が確認できました。
 前回調査でも述べたように、Appleなどの比較的高価な機種から、SamsungやHuaweiなど、安価なブランドにシフトしている傾向は継続しているといえます。

※Statcounterのデータを参考にアウンコンサルティングが作成

<参考資料>
 ※赤字(プラス)・青字(マイナス)共に前回調査比


■調査概要
【調査主旨】
世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年11月】
【調査要綱】
・対象国: OECD加盟主要国を中心に当社にて抽出 
・各国人口参照元:Worldometers.info 
http://www.worldometers.info/world-population/population-by-country/
・OS・機種データ参考:Stat Counter
http://statcounter.com/
・スマートフォン普及率参考:Consumer Barometer with Google
https://www.consumerbarometer.com/en/trending/

・調査機関:アウンコンサルティング調べ
・調査対象期間:2019年9月 - 2020年9月
・調査日:2020年10月15日 – 11月6日

プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アウンコンサルティング株式会社 >
  3. 世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年11月】