PicoCELAクラウド管理システムPicoManager®がバージョンアップ ― 干渉マップ、スケジュール遠隔操作を実装 ―

LANケーブル配線を大幅に削減可能な革新的エンタープライズ無線メッシュテクノロジーを搭載したエッジコンピュータを販売しているPicoCELA(ピコセラ)株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:古川浩、以下PicoCELA)は、PicoCELAエッジコンピュータ群をクラウド上で一元管理するサービス、PicoManager®を2019年4月から販売を開始しました。
PicoManager®はエンタープライズ無線メッシュテクノロジーを搭載したPicoCELAエッジコンピュータ群を遠隔管理できるだけでなく、これらエッジコンピュータ群と連携することによって人流解析やなりすましAP検出などのソリューションも提供しています。
利用者の要望および利便性向上を図り、2022年4月4日にPicoManager®がバージョンアップしたことをお知らせします。

 

PicoCELAのクラウド管理システムPicoManager®は従来の無線LANのコントローラの概念を大きく超えた以下のメリットを提供します。

・人の流れを見る
・通信の品質を捉える
・ユーザーと対話する
・安心安全を提供する
・エッジコンピュータに新たな機能を追加する
・集まった膨大なビッグデータを活用してサービス化する
  • バージョンアップの背景
・UI/UXの改善によるトラブル回避と即時対応力を強化
・システムのパフォーマンス改善
・新機能の追加
  • 主なバージョンアップの内容
・目的までの導線を変えて、クイックに設定が可能となった
・干渉マップを実装
・スケジュール遠隔操作を実装
  • 画面イメージ(メニュー)






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PicoCELA株式会社 >
  3. PicoCELAクラウド管理システムPicoManager®がバージョンアップ ― 干渉マップ、スケジュール遠隔操作を実装 ―