ビットキー、スパークス・グループ運営の「未来創生2号ファンド」から第三者割当増資を実施

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、以下ビットキー)はスパークス・グループ株式会社(以下スパークス)が、2018 年 7月に設立した「未来創生2号ファンド」を引受先とした第三者割当増資を実施したことをお知らせします。
なお、現在も資金調達ラウンドは進行中であり、今後も複数の事業会社などからの追加の調達を予定しております。完了時に改めて、今後の資金使途や狙いについて発表します。



■「未来創生(1号)ファンド」及び「未来創生2号ファンド」の概要
未来創生(1号)ファンドはスパークスを運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を加えた3社による総額約135億円の出資により、2015年11月より運用を開始しました。最終的には、上記3社を加えた計20社からの出資を受けました。「知能化技術」「ロボティクス」「水素社会実現に資する技術」を中核技術と位置づけ、それらの分野の革新技術を持つ企業、またはプロジェクトを対象に米国、英国、イスラエル、シンガポール、日本の約50社に投資しました。2018年下半期には、既存投資領域3分野に加え、新たに「電動化」、「新素材」を加えた5分野を投資対象とした未来創生2号ファンドの運用を開始しました。2021年3月末時点の運用資産残高は、1号と2号あわせて、883億円となっています。
未来創生ファンドの投資実績:https://mirai.sparx.co.jp/investment/

■株式会社ビットキーについて
デジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」をもとに、世界中のあらゆるものを柔軟につなぐことを⽬指すスタートアップです。Home、Work、Experienceの3つ事業領域において、「homehub」「workhub」「experiencehub」の3つのコネクトプラットフォームを提供しており、連携可能な自社開発のスマートロックは2019年12月にスマートロック国内累計販売台数調査*でNo.1を獲得しています。
*株式会社日本マーケティングリサーチ機構調べ

社名  :株式会社ビットキー
本社  :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹(えじり・ゆうき)
     代表取締役COO 福澤匡規(ふくざわ・まさき)
     代表取締役CCO 寳槻昌則(ほうつき・まさのり)
創業  :2018年8月1日
資本金 :6,836,920,300円(2021年4月2日時点 資本準備金を含む)
事業概要:デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発
     Home/Workspace/Experience領域のコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
     上記プラットフォームと連携するプロダクトおよびサービスの開発・販売・運用
     ※「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. ビットキー、スパークス・グループ運営の「未来創生2号ファンド」から第三者割当増資を実施