クラウドサインとジョブカンワークフローがAPI連携。稟議申請から契約締結までを完全オンライン化

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)が提供するWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」と、株式会社Donuts(東京都渋谷区、代表取締役:西村 啓成)が提供するクラウドシステム「ジョブカンワークフロー」がAPI連携し、6月3日より機能提供を開始します。

   企業におけるクラウドの活用が進み、紙によるアナログな運用をクラウドによって効率化することが可能になりました。また、テレワークの導入が加速し、企業では出社することなく完結する業務ワークフローの構築が急務となっています。

  クラウドサインの電子契約は、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する電子署名とタイムスタンプを付与しています。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。
  ジョブカンワークフローは、保管や検索が大変だった紙の稟議書・申請書をペーパーレス化するワークフローシステムです。承認経路や自社独自申請書の登録が簡単にでき、組織の意思決定の高速化を実現します。

  今回の連携により、合意済み契約書の稟議申請から契約締結までを一気通貫して行うことが可能になります。クラウドサインとジョブカンワークフローをお使いの場合、例えば「契約書締結は電子化できているが、社内稟議は紙で運用している」「クラウドでの稟議申請のために紙の契約書をPDF化の手間がかかる」といった複雑な業務プロセスの課題を解消し、稟議申請から契約締結までの完全オンライン化を実現します。

  クラウドサインとジョブカンワークフローは今後も、手間とコストのかかるアナログな運用のオンライン化・スピード化を推進し、企業の生産性向上を支援してまいります。

【連携の概要】
以下の流れで稟議申請~契約締結まで一気通貫して実施できます。
・双方の法務で同意した契約書をジョブカンワークフローに添付、クラウドサインでの承認者を指定して稟議申請します。
・最終承認後、自社担当者にクラウドサインの書類確認メールが届きます。
・自社での承認完了後、契約先担当者に書類確認メールが届きます。
・双方の承認が完了すると、ワークフロー内のリンクから電子署名済みの契約書類を確認できます。


■「クラウドサイン」について
「クラウドサイン」は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能には、電子署名とタイムスタンプが施されており「いつ・誰が・何を契約したか」を確認できるため、法的証拠力を担保します。2015年10月のサービス提供以来、導入社数8万社を突破した業界No.1のサービスです。
・公式サイト:https://www.cloudsign.jp/

■「ジョブカンワークフロー」について
これまで保管や検索が大変だった紙の稟議書・申請書をペーパーレス化するワークフローシステムです。承認経路や、自社独自申請書の登録も簡単に設定可能。IPOにも対応しています。管理者・承認者・申請者の業務負担を軽減し、組織の意思決定の高速化に貢献します。
・公式サイト:https://wf.jobcan.ne.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. クラウドサインとジョブカンワークフローがAPI連携。稟議申請から契約締結までを完全オンライン化