世界が注目する、アジアの美と創造力。/なぜ今、コム デ ギャルソンはアジアへ?/山本耀司×アン・ドゥムルメステールパリで密会/エディ・スリマン“写真偏愛歴”を語る/荒木経惟がキム・ヒョンジュンを激写

main image
世界が注目する、
アジアの美と創造力。

―なぜ今、コム デ ギャルソンはアジアへ?
―山本耀司とアン・ドゥムルメステールがパリで密会。
―エディ・スリマン、“写真偏愛歴”を語る。

アジア人モデルたちがランウェイを闊歩し、アジア系アーティスト
やデザイナーが注目されるなど、さまざまなシーンでアジア人が
発信するクリエイティビティやしなやかな肉体美を目にするようになった昨今。
そんな時流に着目し、メンズ・モードの最先端マガジン
『VOGUE HOMMES JAPAN(ヴォーグ オム ジャパン)』第6号
(3月10日発売)では、ファッションやアート、エンタテインメント界を
賑わすアジア人男性たちを特集します。


日本人デザイナーのパイオニア的存在でもある川久保玲さんや
山本耀司さんのインタビュー、スティーヴン・クライン撮影による
アジア人モデルたちのファッションストーリー、巨匠アラーキーと
韓国のアイドルグループSS501のリーダー、キム・ヒョンジュンの
フォトセッション、さらに注目度ナンバーワンのアーティスト、
テレンス・コーの特集や、松田龍平さん、加瀬亮さん、永山絢斗さんを
とらえたファッションページなど、世界が注目するアジアの“今”が
凝縮された内容に。
また、ディオール オムのアーティスティック・ディレクターを経て、
現在は写真家として活動するエディ・スリマンのロングインタビューや、
先日、レディー・ガガがキャットウォークに出演したことでも
話題になったブランド、ミュグレーの特集など、モード界の最新動向も
徹底的に網羅しています。


■ なぜ今、コム デ ギャルソンはアジアへ?

約30年前、パリへ進出し、その後も世界各地へとそのクリエイションを、
そしてビジネスを大きく展開させてきたコム デ ギャルソン。
すでに世界中で認知されている彼らが、オンラインショップ優勢の時代に、
ビル一棟を丸ごと占拠した巨大店舗をソウルと北京にオープン。
彼らの考える店舗の在り方からコム デ ギャルソンであることを
突き通す姿勢など、クリエイションとビジネスの総指揮を執る
川久保玲さんに、編集長・渡辺三津子がインタビューしました。


■ 山本耀司とアン・ドゥムルメステールがパリで密会。

ともに自国を代表するデザイナーとして、長年、ファッション界の最前線で
表現し続けてきた山本耀司とアン・ドゥムルメステールの対談が
パリで実現しました。お互いのクリエイション、そして人格を尊敬し合い、
常にバイブレイションを交換し合ってきたという二人。
考え方や感覚を共有できてしまう特別な関係にあるという、友情を超越した
二人の目に見えないスピリチュアルな関係がここに明らかにされます。


■ エディ・スリマン、“写真偏愛歴”を語る。

ディオール オムを離れてから約4年の月日が過ぎても、
その絶大な存在感を残すエディ・スリマンが、写真を通して記録し、
表現し続けてきた過去10年間をまとめたアーカイヴ写真集を発売する。
写真についてはもちろん、そこに写し出されている都市やカルチャー、
彼自身の2000年代や未来について語ってくれました。


■ その他の『VOGUE HOMMES JAPAN』 Vol.6の特集は、次の通りです。

・荒木経惟がキム・ヒョンジュンの美貌を「撮る」!
・スティーヴン・クラインが魅了されたアジア男子の肉体美。
・アレキサンダー・ワンへの100の質問。
・我ら、アジアン・ビューティ。
・ミュグレー革命、その序章。          など
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン >
  3. 世界が注目する、アジアの美と創造力。/なぜ今、コム デ ギャルソンはアジアへ?/山本耀司×アン・ドゥムルメステールパリで密会/エディ・スリマン“写真偏愛歴”を語る/荒木経惟がキム・ヒョンジュンを激写