ヴァレオによる市光工業株式の公開買付けを公正取引委員会が承認

ヴァレオは、同社が現在31.58%の株式を所有している東証一部上場の市光工業株式会社の連結子会社化を目的に、2016年11月24日に開始した同社株式の公開買付けについて、日本の公正取引委員会より承認を受けました。
ヴァレオは市光工業の株式の少なくとも50.09%(すでに所有している株式を含む)を取得することを予定していますが、この公正取引委員会による承認は、公開買付けの条件の一つとなっていました。

2016年11月24日に開始し、2017年1月12日に終了するこの公開買付けにおいて、ヴァレオは市光工業の株式を408円で購入することを提案しています。この公開買付けは55.08%を上限としており、その後も市光工業の東京証券取引所への上場は維持されます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. ヴァレオグループ
  3. ヴァレオによる市光工業株式の公開買付けを公正取引委員会が承認