5/29(水)ミャンマー避難民 現地視察報告会-人道危機から1年半-

【5/29(水)18時半開始、東京・広尾】緊急支援のスペシャリスト・忍足謙朗と、バングラデシュの避難民キャンプで日々支援活動に従事するAARスタッフが、いま避難民に何が起きているのか報告するとともに、必要とされる支援について考えます。
80万人という未曽有の規模でミャンマーからの避難民が発生して、1年半。
そのほとんどが身を寄せる隣国バングラデシュで、AARは井戸やトイレの建設、子どもや女性が安全に過ごせる場所づくりを行ってきました。
今年3月、緊急支援のスペシャリストである忍足謙朗(AAR常任理事)が現地を視察。現地で活動するAARスタッフと共に、避難民の現状と、求められる支援について報告します。

【登壇者】忍足 謙朗(おしだり けんろう)
30年以上国連に勤務し、1989年からは国連世界食糧計画(WFP)で緊急食糧支援を行う。2009年から2014年にはアジア14ヵ国の支援の総責任を受け持つWFPアジア地域局長。AARとの出会いは1989年、WFP職員として赴いたザンビアのメヘバ難民キャンプで、当時井戸掘りの活動をしていたAAR駐在員と交流をもったのが始まり。以来、長年の交流を経て、2015年よりAAR常任理事。TBS「情熱大陸」、NHK「プロフェッショナル--仕事の流儀」に出演。

【日時】2019年5月29日(水)午後6時30分―午後8時30分
【会場】聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ 3階 ブリット記念ホール
(東京都渋谷区広尾4-2- 24)
東京メトロ日比谷線「広尾駅」4番出口より徒歩1分
 http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access

 

【参加費】無料

【主催】AAR Japan[難民を助ける会]
【お申込み方法】AARまでお電話(03-5423-4511)または
下記URLからお申込みください。

https://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2019/0529_2725.html

【後援】聖心女子大学グローバル共生研究所、国際移住機関(IOM)、国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
 

通称「メガキャンプ」とも呼ばれる巨大な避難民キャンプでAARの活動を視察する忍足謙朗理事(中央・2019年3月28日、バングラデシュ・クトゥパロン避難民キャンプ)通称「メガキャンプ」とも呼ばれる巨大な避難民キャンプでAARの活動を視察する忍足謙朗理事(中央・2019年3月28日、バングラデシュ・クトゥパロン避難民キャンプ)

避難民の女性から話を聞く忍足(2019年3月28日、バングラデシュ・クトゥパロン避難民キャンプ)避難民の女性から話を聞く忍足(2019年3月28日、バングラデシュ・クトゥパロン避難民キャンプ)


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 難民を助ける会 >
  3. 5/29(水)ミャンマー避難民 現地視察報告会-人道危機から1年半-