「健康経営優良法人 2020(ホワイト 500)」ジャパネットグループ2年連続認定のお知らせ

株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙田旭人)をはじめとするジャパネットグループは、2020 年3月2日(月)に「健康経営」を実践している法人として、2年連続で「健康経営優良法人2020(ホワイト 500)」に認定されました。
■健康経営優良法人(ホワイト500)とは
「健康経営優良法人」は、経済産業省と日本健康会議が共同で推進する、特に優良な健康経営を実践している法人を評価し、認定する制度です。認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人(大規模法人部門)のみが通称「ホワイト500」として認定されます。
なお、長崎県に本社を構える企業の中で「ホワイト500」を取得しているのはジャパネットグループのみです。


■ジャパネットグループの健康経営の取り組み
ジャパネットグループでは、全社員の心とからだの健康の実現と、世の中の健康増進に貢献するため、 会社と社員が一体となって健康経営を推し進めております。具体的には、「楽しみながら健康を意識できる環境を整える」「未然に防ぐ」「いざというときに守る」の3つの軸をもとに、健康推進研修の充実やリフレッシュ休暇やノー残業デーなどの人事制度、社内での健康推進イベントの実施などに取り組んでおります。
▼詳細は弊社ホームページの「健康経営の取り組み」からもご覧いただけます。
https://www.japanet.co.jp/shopping/jh/pressroom/health_management/ 

 


また、従来の取り組みに加えて、前年度より新たに以下の取り組みを推進しております。
  1. RPAの活用による生産性の向上
  2. 会議改革の深化(会議禁止時間の設定、ECRSの考え方を元にした会議時間の大幅削減)個人都合で出勤時間を調整できる「スライド勤務」制度の導入
  3. インフルエンザ予防接種費用の一部会社負担
  4. 食堂がない拠点に健康に配慮した置き型社食サービス(オフィスおかん)を設置
今後も、社員が日々健康で、楽しく、いきいきとした生活を送る環境・制度を整えながら、一人ひとりが目的意識を持って仕事を行い、皆様へより一層大きな「今を生きる楽しさ」をお届けしてまいります。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ジャパネットホールディングス >
  3. 「健康経営優良法人 2020(ホワイト 500)」ジャパネットグループ2年連続認定のお知らせ