「知って、肝炎プロジェクト」特別参与 杉 良太郎 氏が青森県を表敬訪問「自分の健康は自分で守る。まずは検査を受けてほしい」と訴え

肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達

 世界では3億人以上が肝炎ウイルスに感染していると推計され、世界最大規模の感染症です。また、肝炎は放置すると健康に対し重大な損害をもたらす可能性があります。肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年より、肝炎に関する知識、肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動しております。
 この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」の特別参与 杉 良太郎氏が、11月19日(火)に青森県を表敬訪問し肝炎に関する啓発活動を行いました。

当日は挨拶の後、杉特別参与は三村知事、出席者の皆さんと肝炎について懇談を行いました。
杉特別参与は妻の伍代 夏子氏がC型肝炎の治療を行っていた時を振り返りながら、「その当時は飲み薬による治療ではなくインターフェロン治療でしたので、副作用に苦しんでる様子を側で見てきました。現在は治療が発達し、C型肝炎は飲み薬だけで治療できる時代になりました。病気になってから後悔するのではなく、早く検査に行って欲しいです。“自分の健康は自分で守る“ことの意識を高く持って欲しいと思います。」と語ると、三村知事は、「まずは、肝炎という病気を知ってほしい、そして肝炎は(C型なら飲み薬で)治療できる病気であることを理解して欲しいと思います。自らが行動して、検査を受けていただき、肝炎ウイルスがあったら放置をしないで受診をしてください。」と県民のみなさまに呼びかけました。
 また、杉特別参与から同席した先生方へ向けて「人は、医師から検査を受けてはどうですかと薦められると、
受検に対する意識が高くなるものです。ですから、医師から患者に対して肝炎ウイルス検査を受けてはどうです
かと呼びかけて頂きたいです。」とお願いしました。
 今後も当プロジェクトでは、肝炎の知識や検査の必要性を知ってもらうことを目指し、啓発活動を行ってまい
ります。
  • 青森県表敬訪問 概要
 厚生労働省では、肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」を立ち上げ、杉 良太郎氏を同運動の特別参与に任命し、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターを任命して、肝炎対策の普及啓発を行っております。
 この度、「知って、肝炎プロジェクト」の特別参与 杉 良太郎 氏が青森県知事を訪問し、「知って、肝炎プロジェクト」推進のメッセージ伝達を行いました。
■日時
2019年11月19日(火)16:45~17:00

■開催場所
青森県庁

■出席者
青森県知事 三村 申吾 氏
肝炎対策国民運動 特別参与 杉 良太郎 氏
弘前大学医学部附属病院 院長 福田 眞作 氏
弘前大学医学部附属病院  消化器内科准教授 遠藤 哲 氏
全国健康保険協会青森支部 支部長 工藤 達也 氏
B型・C型肝炎救済全国センター 全国共同代表・青森県支部代表 久保田 芳子 氏
青森県 健康福祉部 部長 有賀 玲子 氏
厚生労働省健康局 肝炎対策調整官 小野 雄大 氏
  • 訪問レポート
 懇談の中で、杉特別参与は、「青森県は、県内の病院と連携を図り肝炎対策に力を入れているように感じており
ます。肝炎治療の環境が整っていることは県民にとっても幸せなことですよね。引き続き、県からも、病院や医師
への働きかけをお願いします。」と訴えました。 弘前大学医学部附属病院 遠藤先生は「先ずは、一度、肝炎検査
を受けていただきたい。そして陽性であれば、早く受診して、治療をしていただきたい。肝炎は、早期発見・早
期治療をすれば、命に関わる病気ではありません。」と述べられました。出席者の方々も同意した様子で、深く
うなずいていました。肝炎啓発活動について意見交換を行い、表敬訪問は終了いたしました。

  • 知って、肝炎プロジェクトとは

 このキャンペーンは、平成23年5月16日に策定された肝炎対策基本指針を受け、平成24年度に厚生労働省の普及啓発事業として開始されました。その後、平成25年度より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎への正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくこと目的とした「肝炎総合対策推進国民運動事業」として啓発活動を致しております。

 肝炎とは何か、そしてどのように感染するのか、放置するとどうなるの、そして様々な予防方法と治療法を知ってもらうことを目指します。肝炎は放置すると肝硬変・肝がんという重篤な疾患に進行する可能性があります。世界保健機関(WHO)は、2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として、7月28日を"World Hepatitis Day"(世界肝炎デー)と定め、肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。日本でもこれに呼応した取組として、7月28日を日本肝炎デーと定め、国及び地方公共団体、医療団体や事業主団体等の協力を経て、肝炎の病態や知識、予防、治療に関わる正しい理解が進むよう普及啓発を行うとともに、受検勧奨を推進致します。

 また、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動 特別参与 杉良太郎氏をはじめとする、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターの方々に肝炎ウイルス検査の普及啓発などを目的とした広報活動をお手伝い頂いています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「知って、肝炎プロジェクト」事務局 >
  3. 「知って、肝炎プロジェクト」特別参与 杉 良太郎 氏が青森県を表敬訪問「自分の健康は自分で守る。まずは検査を受けてほしい」と訴え