アドバンテック、11/27~11/29開催「第6回鉄道技術展2019」に出展 広告連動AIソリューション、鉄道、交通システム向け製品を多数展示

 産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、2019年11月27日(水)~11月29日(金)幕張メッセにて開催される「第6回鉄道技術展(Mass-Trans Innovation Japan 2019)」へ出展いたします。

 鉄道技術展では、交通・鉄道システム、インフラ技術、施設、電力、輸送、運行管理、車両など、あらゆる鉄道技術が一堂に会する総合見本市です。アドバンテックは、産業用PCの分野で培った製品開発力・市場開拓力をベースに、スマートシティ市場におけるソリューション展開を鉄道を含む国際交通インフラ市場に対し積極的に進めており、海外で多くの導入事例を有しています。

 今回の鉄道展では、AIを用いた広告連動システムを始めとして、鉄道車両監視システム、旅客情報システム、駅務システム向け製品をデモ展示いたします。

■出展概要
名称:第6回鉄道技術展
主催:
フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
会場:幕張メッセ(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)
会期:2019年11月27日(水)~11月29日(金)10:00~17:00
アドバンテックブース:
ホール5 小間番号G-01
出展内容:AIを用いた広告連動システム、鉄道車両監視システム、旅客情報システム、駅務システム向け製品デモ展示など
入場料:2,000円 ※招待券をご持参の方・Webからの事前登録者は無料
    
Web来場事前予約:https://www.expo-form.jp/mtij2019/entry.php
招待状:ご希望の方は以下よりお問い合わせ下さい:
アドバンテック株式会社 インダストリアルIoTグループ 東日本営業部
TEL: 03-6802-1021

【展示予定製品】
EN50155対応 鉄道車載用PC: ITA-5512

ITA-5512はIntel ATOM E3950プロセッサを搭載し、EN50155 TXとIEC61373 Body Mount Classに対応する鉄道車載用コンピュータです。国際電気標準会議の定める保護等級である防水/防塵性能IP67にも対応する堅牢な構造となっており、鉄道車両の厳しい環境下でのデータ収集やデータ通信など、幅広い用途での使用が可能となります。

EN50155対応 鉄道車載用WiFi/LTEルーター: EKI-9502G
EKI-9502Gは鉄道車両での無線データ通信用WiFi/LTEルータです。本製品は車両-地上間でノンストップの鉄道ネットワーク環境を提供することを目的としており、Wi-Fiおよびセルラー伝送インターフェース、5つのワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)モジュール、フェイルオーバーやロードバランスメカニズムなどのソフトウェア機能をサポートして、信頼性の高いデータ伝送サービスを保証します。本製品を使用することによりWi-Fiおよび3G / LTEサービスによる安定したネットワーク通信と、ロードバランスの取れた高い伝送品質を享受することができます。

EN50155対応 鉄道車載用WiFiアクセスポイント: EKI-6333AC-M12
EKI-6333AC-M12は鉄道車両内で無線LANネットワークを構築するためのWiFiアクセスポイントです。
本製品はアクセスポイント、ブリッジ、クライアントのいずれかに設定が可能で2.4GHz / 5GHzのデュアルバンドに対応しており、電波の届きづらい環境でもスマートフォンやタブレット類の通信速度を維持させることができます。
また本製品は、無線LANを含む通信を暗号化する方式であるWEP, WPA, WPA2-Personal/Enterpriseをサポートし、セキュリティにも配慮した設計となっております。


EN50155対応 鉄道車載用シリアルデバイスサーバー: EKI-1524-M12
EKI-1524-M12は鉄道車両内で各種デバイスと通信、制御するためのシリアルデバイスサーバーです。
本製品は鉄道車両内で各種のセンサーや表示機などとシリアル通信で接続し、その通信をイーサネットに変換することにより、車内ネットワークに接続させるためのものです。また本製品にはLANバイパスリレー機能も内蔵されており、万一の故障時にもネットワーク通信を妨げない仕様となっております。


 アドバンテックは今回の鉄道展展示を通じ、今後も日本に根ざした技術とソリューションを提供し、日本のIoTを牽引する企業としてオンリーワンのアドバンテックブランドを目指してまいります。

■アドバンテックについて
台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界26カ国96都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト http://www.advantech.co.jp
※ 本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドバンテック株式会社 >
  3. アドバンテック、11/27~11/29開催「第6回鉄道技術展2019」に出展 広告連動AIソリューション、鉄道、交通システム向け製品を多数展示