アスリートの知見で、ウェルネスの新商流を作るTENTIALが総額5億円の資金調達を実施。

ーD2Cブランドの更なる成長と、ウェルネス特化のバーティカルECモール事業への参入に投資ー

株式会社TENTIAL(本社:東京都渋谷区 代表締役:中西裕太郎)は、複数金融機関からの融資と、既存投資家である株式会社アカツキ、株式会社MTG Ventures、株式会社セゾン・ベンチャーズ、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に加え、新たに豊島株式会社が運営するCVC、ナントCVC2号投資事業有限責任組合、個人投資家らを引受先とした第三者割当増資により総額5億円の資金調達を実施いたしました。
今回の調達により、2018年2月の創業以降、金融機関からの借入を含む累計資金調達額は11億円となりましたことを併せてお知らせいたします。

 

  • 資金調達の背景                                  
当社は、「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をビジョンに掲げ、スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」の運営と、生活シーンにおける体のケアやコンディショニングに特化したウェルネスブランド「TENTIAL」をD2C(Direct to Consumer)モデルにて開発・提供しています。

「SPOSHIRU」は、アスリートが取り入れている身体のケア方法、運動の効率、健康のための工夫などの情報を掲載しており、月間利用ユーザー数150万人を突破。国内最大級のスポーツ情報メディアです。ウェルネスD2Cブランド「TENTIAL」は、スポーツを通じた健康増進をテーマに、医療費高騰や健康課題の解決を目指します。インソールをはじめ、身体のコンディショニングをコンセプトとしたリカバリーウェア、マスク、プロテインや入浴剤などを展開。多くのビジネスパーソン、アスリートにご愛用いただくまで成長をしています。

現在、日本では少子高齢化の進展による医療費高騰や生活習慣病等、多くの健康課題を抱えており予防や健康管理などのヘルスケア産業は大きく拡大することが予測されています。このような状況の中、テンシャルは、スポーツで得た知見をもとに、さまざまな課題にアプローチし、あらゆる人の健康の実現する新商流を構築するべく、資金調達を実施いたしました。
 
  • 資金の用途                                    
今回調達した資金により、ウェルネスD2Cブランド「TENTIAL」から続々と新商品を開発・販売していくことに加え、スポーツ・ウェルネスに特化したECモール事業に新たに参入します。

現在の国内EC市場において、総合モール型のECが勢いがある状況ですが、複数のブランド・商品が集結しているため、商品数が多く利便性に優れる一方で、専門性の高い商品の中から本当にいい商品を選択するのが困難であるとテンシャルは考えています。
その中、テンシャルがこれまでD2C・メディア事業で培ってきた、ウェルネス・マーケティング・商品選定・物流のノウハウを活用することにより、消費者がより良い商品をより自然に選択できるようになるだけでなく、メーカーの良い商品を出しても売れないという課題も解決していきます。

テンシャルは、健康領域の新しい商流を作ることを通じ、ひとりでも多くの方が少しでも健康になるように、これからも事業を展開して参ります。

▼案件の概要
調達金額:総額5億円(累計:11億円)
調達方法:第三者割当増資、融資
引受先:
・株式会社アカツキ(既存投資家)
・株式会社MTG Ventures(既存投資家)
・株式会社セゾンベンチャーズ(既存投資家)
・マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社(既存投資家)
・豊島株式会社(新規投資家)
・ナントCVC2号投資事業有限責任組合(新規投資家)
・個人投資家

 

 
  • 各投資家からのコメント                                 

 

株式会社アカツキ
執行役員HeartDrivenFund パートナー 石倉壱彦
2019年2月に投資してから、今回で3回目の投資となります。
マクロ的なトレンドとして一人ひとりが健康に向き合う機会は確実に増えており、ウェルネス市場は今後更に注目される市場です。その中でTENTIALはウェルネス領域のプラットフォーマーとして、市場の成長を牽引する存在になると確信しています。TENTIALの皆様とともに、ウェルネスからハートドリブンな世界を築いて行くことを楽しみにしています。
 

【株式会社MTG Ventures】
代表取締役 藤田豪
TENTIALは元アスリート×デジタルに強いメンバーが集い、コンディショニング向上に寄与する商品を創造・発掘し、次々と成果に繋げてきました。
MTGグループの事業ビジョンは、世界中の人々の健康で美しく生き生きとした人生を実現する「VITAL LIFE」です。今後も当社と幅広く連携し、人々のコンディショニング向上に貢献して参ります。
 

【株式会社セゾン・ベンチャーズ】
取締役 浦田文秀
スポーツ&ウェルネス市場において、国内では有力な新ブランドが久しく誕生しておりませんが、TENTIALにはその一役を担う可能性があり、大きく期待しております。事業をリードする中西社長の強い思い具現化していくTENTIALチームを、心強い既存株主の皆様とともに今後も熱く支援してまいります。

 

 

【マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社】
代表取締役 古橋智史

前回に続き今回も追加出資という形でご一緒させて頂きました。
ウェルネスブランド展開を愚直に進めるTENTIALさんの力強さに惚れ込んでいます。引き続き頑張りましょう!

 


 

【豊島株式会社】
執行役員 兼 営業企画室室長 溝口量久
TENTIAL様は高機能のウェアを次々に開発&販売することによって、アスリートを含む全ての生活者の皆様のポテンシャルを最大化出来る会社だと思います。豊島はこれまでにも多くのアパレル製品を世に送り出してきましたが、近年ではライフスタイル商社として生活全般に関わる幅広い製品を、より多くのお客様にお届けしようとしています。本提携によりスポーツ&ヘルスケア領域において、より世界に求められる商品を、よりスピーディーに送り出し、挑戦するすべての方々を応援出来るようになると期待しています。
 

【ナントCVC2号投資事業有限責任組合】
無限責任組合員 株式会社ベンチャーラボインベストメント
投資事業部 ファンドマネージャー 春田祥大朗
TENTIAL社は、人たらしの中西社長のもと、スポーツも一流の優秀なメンバーが集い、健康に関するニーズやトレンドをしっかり捉えつつ、わずか1年半の間に次々とヒット商品を世に送り出してきました。今後より多くの健康課題を解決すべく立ち上げたECモールを加速させるフェーズにおいて、応援団として参加できること、光栄に思います。個人としても商品を偏愛しており、今後も魅力的な商品楽しみにしています!
 
  • テンシャルについて                                   
テンシャルは「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をビジョンに、スポーツのハウツーメディアの運用を通じて培ったスポーツの情報や技術、お客様の声をいち早く汲み取り、D2C(Direct to Consumer)モデルにて、日常ユースでの高機能商材のものづくりを実践。インソールをはじめ、身体のコンディショニングをコンセプトとしたリカバリーウェア、マスク、プロテインや入浴剤などを開発・製造し、国内で展開しています。今後は予防医療やウェルネス分野に還元していくエコシステムの構築を目指します。

▼会社概要
コーポレートサイト https://corp.tential.jp/
設立日 2018年2月
資本金 2億9237万2400円
代表者 中西裕太郎
所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-16-5
加盟団体 「IoT推進コンソーシアム」(経済産業省主催)
「FUN+WALK PROJECT」(スポーツ庁主催)
「Sport in Life」(スポーツ庁主催)
「東京都スポーツ推進企業」(東京都主催)
「スポーツエールカンパニー」(スポーツ庁主催)
事業内容 『SPOSHIRU』https://sposhiru.com/
『TENTIAL』https://tential.jp/
出場歴 日本最大級のアクセラレーション「IncubateCamp 11th」出場
世界33カ国から「SPORTSTECHTOKYO」パーティシパント150選出
Forbes JAPAN「Rising Star Community」選出
東洋経済「すごいベンチャー100 2021」選出

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TENTIAL >
  3. アスリートの知見で、ウェルネスの新商流を作るTENTIALが総額5億円の資金調達を実施。