高血圧には「減塩」よりも「減糖」!?血圧の新常識で健康なからだを手に入れる!感染症の重症化を防ぐためにも気を付けたい「高血圧」の悩みを改善する一冊が発売

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・伊藤滋)は、2021年1月25日に書籍「減塩より減糖 人生を変える!血圧の新常識」を刊行しました。

「減塩より減糖 人生を変える!血圧の新常識」(有馬佳代・著)「減塩より減糖 人生を変える!血圧の新常識」(有馬佳代・著)

 
 「万病のもと」である高血圧。日本では全人口の3分の1にあたる約4300万人もの人が高血圧であるといわれています。

高血圧には減塩が大切?
––しかし、それ以外の環境因子が改善されなければ意味がありません!カギを握るのは「減糖」。

 高血圧予防に、「減塩」を意識して生活している方は多いのではないでしょうか。しかし、「甘じょっぱい」食べ物を好んだり、日常的に甘い飲み物を飲んでいたりしませんか。実は、最新のデータでは「砂糖」の取りすぎが原因で高血圧になることがわかっています。

 本書では、なぜ「減糖」が必要なのか、学術文献をもとに解説。具体的に高血圧を予防するための10のメソッドと、高血圧に効く食品10品目を紹介しており、簡単に健康習慣を身に付けることができます。


『「高血圧」を予防する10の法則』を一部紹介!
●正しく水を飲んで高血圧予防
→脱水予防と血清ナトリウム値を上昇させないために、「朝起きてすぐ」「食前と食事中」「喉が渇く前」に水を飲むことを意識する。
●空腹時に「飲むジュース」は万病のもと
→空腹時の甘い飲み物は血糖値スパイクと脂肪肝のもと。
どうしても飲みたいときには、食後に味わってゆっくりと飲む。また、果物を飲まずに食べると◎。
●隠れ砂糖に騙されるな。肉じゃが、照り焼き、焼き肉のたれの共通点と加工品に問題あり
→甘じょっぱい味に要注意。日本の伝統的な調味料を見直し、砂糖を使わない和食で素材の美味しさを楽しむ。香草や辛み、酸味をとり入れて四季を楽しむ。
 


書名:「減塩より減糖 人生を変える!血圧の新常識」
著者:有馬 佳代
定価:1,300円(税別)
判型:四六判
頁数:208頁
ISBN:978-4-426-12679-7
発行日:2021年1月25日









【目次】
第1章       エビデンスでみる減塩よりも減糖
第2章      高血圧を予防する10の法則
第3章      高血圧に効く食品

【著者】
有馬 佳代(ありま・かよ)
Ph D.(遺伝学・栄養学博士)、管理栄養士。徳島大学医学部栄養学科卒業。米国アリゾナ大学大学院博士課程終了。カリフォルニア大学アーバイン校およびサンディエゴ校での研究活動を経て、ヘルスコンサルティング会社Kayo Dietをカリフォルニア州サンディエゴ市で設立。アメリカでは栄養指導、料理指導、講演・ワークショップ活動を、日本では栄養環境コーディネーター認定講座を考案、代表講師を務めながらオンラインでの栄養指導も行っている。

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス:https://a.r10.to/hlVPke
Amazon:https://amzn.to/2XYJKnr

【会社概要】
会社名:株式会社自由国民社
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-11
代表者:伊藤 滋
設立:1928年(昭和3年)8月5日
URL:https://www.jiyu.co.jp/
事業内容:雑誌・書籍の編集、出版等

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社自由国民社
TEL:03-6233-0781
FAX:03-6233-0780

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社自由国民社
宣伝企画部
TEL:03-6233-0783
FAX:03-6233-0780
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社自由国民社 >
  3. 高血圧には「減塩」よりも「減糖」!?血圧の新常識で健康なからだを手に入れる!感染症の重症化を防ぐためにも気を付けたい「高血圧」の悩みを改善する一冊が発売