Craif、尿中マイクロRNAからがんリスクを早期発見する自宅完結型検査『miSignal®️ リモートがん検査』の検査受付を開始

Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀨 隆一、以下Craif)は、2022年11月7日に尿中マイクロRNAからがんを早期発見する自宅完結型検査がんリスクスクリーニング検査サービス『リモートがん検査』のWEBサイトを公開し、検査受付を開始しました。詳細はWebサイト(https://misignal.jp/)をご覧ください。
 Craifでは今後も、あらゆる疾患の早期発見および治療最適化に向けた新しい取り組みを広く皆様に届けることで、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”に挑戦してまいります。

  • リモートがん検査について
リモートがん検査は、がんの発症や進行、転移に重要な役割を果たすマイクロRNAに着目した次世代がん検査*です。20を超える大学病院・がん研究センターとの共同研究の結果、実現したがん検査です。本サービス最大の特長は“手軽で痛みがない”という点です。採尿、郵送するだけで、負担なく気軽にがんのリスクチェックを行っていただけます。現在、提供が開始されている対象がん種は7種(大腸がん、肺がん、胃がん、乳がん、すい臓がん、食道がん、卵巣がん)です。詳細はWebサイト(https://misignal.jp/)をご覧ください。
*尿に含まれるマイクロRNAをAIで分析するがん検査技術として業界初
 
  • Craifについて
Craifは、2018年5月創業の名古屋大学発ベンチャー企業です。日本が誇る素材力を用いて尿からマイクロRNAを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組みあわせて医療に応用することで、がん領域を中心に、疾患の早期発見や個別化医療を実現するための次世代検査開発に取り組んでいます。医療・ヘルスケア領域において世界をリードする企業・組織との協業を通じて、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”を推進いたします。詳細については、https://craif.com/をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Craif株式会社 >
  3. Craif、尿中マイクロRNAからがんリスクを早期発見する自宅完結型検査『miSignal®️ リモートがん検査』の検査受付を開始