弁護士ドットコムが「クラウドサイン」の電子契約送信件数(6/1〜30)に応じた日本赤十字社への寄付を実施

Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社(東証マザーズ 6027、東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)は、2020年6月1日から6月30日の期間中にクラウドサインで送信された契約送信1件につき10円を日本赤十字社へ寄付いたします。
   Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」は、現在8万社以上の企業に導入いただき、累計契約送信件数は200万件にのぼります。また、新型コロナウイルスの感染拡大以降、企業における在宅勤務への移行・拡大に伴い、多くの企業にクラウドサインを活用いただいています。
  当社では、有事にあたる現在の社会情勢において、クラウドサインによる契約業務の電子化を推進することが在宅勤務を円滑にし、ひいては新型コロナウイルスの感染拡大防止の一助になると考えています。
  さらに、日本赤十字社を通して、医療現場尽力されている皆様への支援と、経済活動の早期回復に向けた社会貢献活動として、今回の取り組みを決定いたしました。

■ 概要
期間:2020年6月1日〜30日
対象:期間中に送信された契約送信
金額:契約件数1件につき10円 
寄付先:日本赤十字社(予定)
 
このたびの新型コロナウィルス関連肺炎により影響を受けた方々の一日も早いご快復と、一日でも早い感染拡大の収束を祈願いたします。

 
・「クラウドサイン」とは  https://www.cloudsign.jp/
弁護士ドットコムが運営する「クラウドサイン」は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能には、電子署名とタイムスタンプが施されており「いつ・誰が・何を契約したか」を確認できるため、法的証拠力を担保します。2015年10月のサービス提供以来、導入社数8万社を突破した業界No.1のサービスです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. 弁護士ドットコムが「クラウドサイン」の電子契約送信件数(6/1〜30)に応じた日本赤十字社への寄付を実施