【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】セ・リーグ第3節(2)【S vs T、G vs D、DB vs C】

中日はOB選手・浅尾が勝利に貢献!

セ・リーグ第3節(2)【S vs T、G vs D、DB vs C】のアーカイブはこちら!​

 

 




【ヤクルト 2-5 阪神(神宮)】
 

 

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
T:森○ S:高良●

好守が噛み合った阪神が序盤からペースを握り、5対2で勝利。このカードの対戦成績を1勝1敗とした。

初回、阪神・森は2死2、3塁のチャンスを迎えると、江越で右中間への2点タイムリー2ベースヒットを放ち2点を先制する。さらに3回表には、またしても江越で左中間へ完璧な2ランホームランを放ち4対0と大きくリードを広げると、守っては先発・小野から細かくつなぐ継投で、強打のヤクルト・高良を封じていった。
意地を見せたいヤクルト・高良は4回裏に1死1、3塁と反撃のチャンスを作ると、村上がセンターへのタイムリーヒットを放ち、1得点。再び4点差とされた5回裏にも守護神スアレスを攻め、1点を返してなおもチャンスを作ると、1番起用のOB・池山が打席へ。池山はスアレスのツーシームを完璧に捉えたかに見えたが、打球は惜しくも痛烈なゴロとなり、得点ならず。後続も倒れ、阪神が序盤のリードを守り勝利した。

勝った阪神・森は江越でホームランを含む2安打4打点。ともにナイスピッチを捉える見事な打撃で、状態の良さをアピールする白星となった。

効果的な加点で試合をものにした阪神・森選手
「相手の高良選手とはともにプロリーグ3年目の選手ということで、お互い緊張せず実力でぶつかることができたかなと思います。今年調子が良いので、打ち勝とうと思ってプレーしました」
 

阪神・江越はホームランを含む2安打4打点と大活躍
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【巨人 1-3 中日(クラウン)】

 

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
G:高川● D:岡久〇

初回の先制点を守り切った中日が勝利し、カード対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。

中日・岡久は1回表、1番に座った“絶好調”アルモンテで中越えの2ベースを放つと、3番の“好調”遠藤がセンターへのタイムリーヒットを放ち先制。さらに4番に入った“好調”の福田が菅野のスライダーを左中間スタンドへ運ぶ2ランを放って一挙に3得点と、好調の選手を上位に組み込む打線が奏功し大きくリードした。
いきなり追いかける展開となった巨人・高川も2回裏に連打で1点を返し反撃ムードを高めるが、中日は3回からOB選手の浅尾を投入。フォークとパームを巧みに操り巨人打線を封じ込めると、最終回は福が抑え試合終了。選手起用が見事に的中した中日・岡久が自身2勝目を挙げた。

巨人・高川は初回の失点が響き、個人成績は2勝2敗に。勝利した中日・岡久は2勝目で、チームにとっても浮上を目指す上で大きな一勝となった。

初回の集中打で試合のペースを握った中日・岡久選手
「チーム的に、負けたらもう後がない状況だったので、絶対に勝ってやろうと思っていました。まだここからeCS、リーグ優勝を目指して戦っていきたいと思います」

 

中日は3回からOB選手の浅尾を投入し、逃げ切りをはかる
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【DeNA 8-1 広島(横浜)】
 

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
DB:河合〇 C:伊勢家●

両チームのキャプテンが対決。試合は終盤に鮮やかな集中打で大量点を奪ったDeNAが勝利し、このカード1勝1敗とした。

試合は1回表、広島・伊勢家がプレイボール直後の初球を長野で捉える豪快な先頭打者ホームランで先制。しかしその裏、DeNA・河合も1番・梶谷のヒットと盗塁でチャンスを作ると、2番・オースティンのライトへのタイムリーヒットで、すぐさま同点に追いついた。
このまま試合は中盤へ進み、同点で迎えた4回裏、DeNAは先頭のロペスが2ベースで出塁すると、バントと申告敬遠で1、3塁とし、代打の神里がサードの頭上を越すタイムリーヒットで勝ち越し点をあげる。これで均衡が破れると、なおも続くチャンスで梶谷のタイムリー、そしてオースティンにはトドメの3ランホームラン。さらに佐野でも2ランを放つなど1イニング7得点を奪い勝負あり。勝負どころで圧巻の集中打を見せたDeNA・河合が試合をものにした。

勝利したDeNA・河合は持ち味の勝負強さを如何なく発揮し完勝。敗れた広島・伊勢家はピンチでの四球が大量失点につながってしまった。

4回に一挙7得点の猛攻で相手を突き放し勝利したDeNA・河合選手
「対戦相手の伊勢家選手は2年前のプロテストで対決した相手というのもあって、気持ちが入りました。勝負どころで勝つのが、僕の役目だと思っていたので、勝ててよかったです」
 

【4回裏】DeNA・オースティンが試合を決定づける3ランHRを放つ
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


アーカイブはこちら!セ・リーグ第3節(2)【S vs T、G vs D、DB vs C】
https://youtu.be/ZM0w7VDsV3A

【YouTube】NPB eスポーツ公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

現在の順位はこちら! eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=ce

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】セ・リーグ第3節(2)【S vs T、G vs D、DB vs C】