再エネ調達プラットフォームを運営するエナーバンクに追加出資

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役:田島 聡一、本社:東京都港区)は、Genesia Venture Fund 2号(以下、GV-2)より、エネルギーテック領域で再エネ調達プラットフォームを運営する株式会社エナーバンク(代表取締役:村中健一、本社:東京都中央区)に追加出資したことをお知らせいたします。
同ラウンドの出資者は、Spiral Capital株式会社、SMBCベンチャーキャピタルです。

 


【ビジョン・サービスの特徴】

株式会社エナーバンクは「エネルギー調達をもっとシンプルに」というビジョンのもと、2018年7月に創業し、電力需要家目線でのエネルギー調達の最適化を進めてきました。法人事業者や自治体が日本全国の小売電気事業者や、太陽光発電や蓄電池設備におけるPPA、EPC事業者から最適な契約を導くリバースオークションの仕組みを活用した調達サービス『エネオク』を提供してまいりました。
お客様に対してエネルギーコストの最適化、再エネ調達業務のDXを実現に加えて、グリーン電力証書や非化石証書による再エネ化支援、CO2オフセットの実行、太陽光発電設備導入のシステム選定支援から、調達サポートまで、テクノロジーとコンサルティングを組み合わせた独自のソリューションが提供できることが特徴です。
特に再エネ条件付きの電力調達、ゼロカーボンシティ自治体での採用が増え、前年度比で8倍、取扱総額も140億円を突破しています。2021年度実績で入札率は100%です。
こうした需要家側の脱炭素化を実行に移すには、供給側の事業者の皆様との連携が非常に重要です。エナーバンクでは多数の小売およびEPC事業者とのパートナーシップを締結しています。エネルギー市場が不安定化する中でも、供給側および需要側の双方にとって持続可能な取引が少しでも多く成立するように尽力していきます。

■脱炭素実現のための統合型プラットフォーム
需要家の脱炭素ニーズは高まる傾向にありますが、世界的なエネルギー調達コスト高騰の影響もある中で、需要家は多様な選択肢の下に脱炭素化を推進することが今まで以上に重要になっています。需要家向けの電力調達サービスとして3,000を超える法人企業、官公庁・自治体の施設に導入実績のある『エネオク』は電気に加え、環境価値や太陽光発電設備の導入を検討する需要家と提供事業者のマッチングをデジタル上でサポートする統合プラットフォームを提供します。

■提供サービス

・電力リバースオークション『エネオク』:https://auctions.enerbank.co.jp/green
・環境価値取引プラットフォーム『グリーンチケット』:https://www.greenticket.jp/
・太陽光発電設備導入支援事業『ソラレコ』:https://www.enerbank.co.jp/sorareco


【資金調達の目的】
エナーバンクは、電力リバースオークションサービス『エネオク』、環境価値取引プラットフォーム『グリーンチケット』グリーンチケット」、太陽光発電設備導入支援サービス『ソラレコ』の3つの脱炭素ソリューションを軸に事業を展開しています。今回調達した資金を活用し、3つのソリューションに係る営業、開発、オペレーション人材の採用強化、および全国の官公庁・自治体施設や民間施設における電力調達ペインに応えるプロダクトの利便性向上、サービスの拡充をしていきます。
また、自治体や法人事業者がまとまって再エネ購入を行う、独自特許技術を活用した共同調達、共同オークションのシステム仕様の強化、マーケティングに活用していきます。

■採用について
同社では、脱炭素No.1パートナーとして需要家目線でのエネルギーサービスの実現を一緒に目指していくメンバーを積極的に募集しています。エナーバンクの事業やプロダクトにご興味をお持ちの方、脱炭素化に貢献したい方はぜひお問い合わせください。
https://www.enerbank.co.jp/recuruite


【出資について】
ジェネシア・ベンチャーズ 代表取締役/General Partner 田島 聡一、Investment Manager 水谷 航己

2020年春のシード・ラウンド以降、電力・エネルギー業界を取り巻く大きな環境変化をしなやかに追い風にしていくエナーバンク社の経営チームに伴走させて頂きながら、事業成長を間近で見守って参りました。初回投資時よりも大きな市場を捉えることができる事業へとアップデートしており、今回ラウンドではプロラタ以上のシェアアップとなる追加投資をさせて頂きました。豊富な知見やネットワークを持つ心強い投資家陣も加わり、再エネ調達をより身近なものにしていく脱炭素No.1パートナーの一員として、引き続き、チャレンジして参ります。


【会社概要】

  • エナーバンク

会社名 :株式会社エナーバンク
WEB  :https://www.enerbank.co.jp/
設立  :2018年7月
所在地 :103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階
代表者 :共同創業者・代表取締役 村中 健⼀
     共同創業者・取締役COO 佐藤 丞吾
     共同創業者・取締役CTO 関根 大輔
事業内容:電力オークション「エネオク」の開発・運営、環境価値プラットフォーム「グリーンチケット」の企画・販売、太陽光発電設備導入支援事業「ソラレコ」の企画・販売

・グリーン電力証書発行事業者 事業者コードA65

・非化石価値取引会員番号 Q96
 

  • ジェネシア・ベンチャーズ

会社名 :株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

WEB  :https://genesiaventures.com/

設立日 :2016年8月

本社  :東京都港区北青山3-3-13 共和五番館2F
事務所 :ジャカルタ)WeWork Revenue Tower, Scbd, Jl Jend.Sudirman No.52-53, Senayan, Kebayoran Baru Jakarta City, JK, 12190, Indonesia
    :ホーチミン)SENoffice Business Center,L18-11-13,18th Floor, Vincom Center Dong Khoi Tower,72 Le Thanh Ton, Ben Nghe Ward,District 1,Ho Chi Minh City,Vietnam
代表者 :代表取締役/General Partner 田島 聡一
事業内容:ベンチャーキャピタル業

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェネシア・ベンチャーズ >
  3. 再エネ調達プラットフォームを運営するエナーバンクに追加出資