第14回 かめのり賞 特別賞を受賞

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(所在地 東京都新宿区/会長 若林恭英、以下シャンティ)は、第14回 かめのり賞において特別賞を受賞いたしました。
かめのり賞は、日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした相互理解・相互交流の促進や人材育成に草の根で貢献し、今後の活動が期待される個人または団体を顕彰するもので、今回シャンティは40年に及ぶ図書館設立や運営の取り組みを評価いただき、特別賞を受賞するに至りました。
 


2021年1月8日(金)には授賞式が開かれ、かめのり財団理事長の木村晋介様からは「“子どもたちに本を”を核にして40年活動を続けてこられました。文化的発展につなげている点が高く評価されました。」と、選定理由についてコメントがありました。

今回の受賞を励みに、シャンティはこれからも、「共に生き、共に学ぶ」ことのできる平和(シャンティ)な社会を実現するために、活動に取り組みます。

【かめのり賞概要】
日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流を通じて、未来にわたって各国との友好関係と相互理解を促進するとともに、その懸け橋となるグローバル・リーダーの育成をはかる公益財団法人かめのり財団によって設立。14回目となる今回は、4団体が受賞。

かめのり賞 公式サイト:
https://www.kamenori.jp/kamenorishou.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 >
  3. 第14回 かめのり賞 特別賞を受賞