毎年3,500人が死亡、1万人が「子宮頸がん」宣告!子宮頸がん予防啓発活動「Daisy Project」始動 女性の美と健康に取り組むミュゼプラチナムが協力

店舗数・売上No.1(※1)美容脱毛専門サロン『ミュゼプラチナム』を全国に185店舗(※2)展開する株式会社ミュゼプラチナム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:沼田英也)は、子宮頸がん予防啓発活動『Daisy Project(デイジープロジェクト)』に全面協力することを発表いたします。

 「Daisy Project」は、20~30代の働く女性を中心とした有志による、子宮頸がんの予防推進活動です。現在、毎年3,500人が子宮頸がんで亡くなり、毎年およそ1万人が「子宮頸がん」と宣告されています。子宮頸がんはとくに若い女性に急増しており予防が急務とされていますが、定期的な検診受診によって早期対応することが可能で、唯一予防できるがんでもあります。「Daisy Project」では、この予防行動の周知を目標として啓発活動を行っていきます。
 これまでミュゼプラチナムでは女性のヘルスケアを考える「ミュゼハッピープロジェクト」の取り組みとして、摂食障害協会との提携や女性特有疾病の理解・啓発を促すセミナーなどを開催してまいりましたが、今後は「子宮頸がん」についても同様にさらなる周知を目指すため、協力を決定いたしました。今後は、特設WEBサイトやセミナー・ワークショップを通じて有益な情報を提供し、子宮頸がんの予防行動に関する意識向上を積極的に推進してまいります。

特設WEBサイト概要

※WEBサイトイメージ※WEBサイトイメージ

 

 「Daisy Project」が運用する特設WEBサイトでは、子宮頸がんの基礎知識や活動報告だけでなく、ワークショップのフィードバックなども積極的に行っていくことで、20~30代の女性の声を活かした「子宮頸がん情報サイト」No.1を目指します。
《WEBサイト》 http://daisy-pj.com

「子宮頸がんを学ぶワークショップ」開催概要(予定)
・開催日時:2016年11月23日(水)13:30~16:30(受付13:00~)
・開催場所:渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>
・内容:1.「Daisy Project」についての紹介
    2.グループワーク①「20~30代の働く女性のライフスタイルについて」
    3.子宮頸がんに関するクロストーク(プロジェクトメンバー、NPO法人ラサーナ 福田小百合、株式会社ミュゼプラチナム 鎌田真理子、公益財団法人日本対がん協会 小西宏)
    4.グループワーク②「私たちの声-子宮頸がんについて」

(※1)店舗数・売上No.1(2016年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)東京商工リサーチ調べ
(※2)店舗数は2016年9月末日時点

株式会社ミュゼプラチナムは、RVH(東証二部:6786)のグループ企業です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミュゼプラチナム >
  3. 毎年3,500人が死亡、1万人が「子宮頸がん」宣告!子宮頸がん予防啓発活動「Daisy Project」始動 女性の美と健康に取り組むミュゼプラチナムが協力