『お気に入り銘柄』を全ての取引ツールで共有管理

‐閲覧チャネル拡充で快適な取引環境を実現!!‐

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2015年11月7日(土)から、ウェブの「お客様取引画面」やスマートフォン向け株アプリ「iSPEED」から登録した『お気に入り銘柄』を、Windows版の取引ツール「マーケットスピード」からも閲覧できるように対応いたします。
これまで『お気に入り銘柄』は、ウェブの「お客様取引画面」・「iSPEED」・「MARKETSPEED for Mac」のみで共有管理になっておりましたが、この度、Windows版「マーケットスピード」との連携により、当社が提供する株式取引ツールの全チャネルから閲覧・編集が可能になります。外出先で「iSPEED」から登録した『お気に入り銘柄』が共有されることにより、自宅のPCでの取引もスムーズになり、利便性が高まります。なお、「マーケットスピード」上に既にお気に入りとして登録している銘柄も継続して閲覧することができます。

また、Windows版「マーケットスピード」の『登録銘柄情報』や『ザラバ情報』などの1ページあたりの登録銘柄数を100銘柄に増やし、最大1,000銘柄登録することができるようになります。

楽天証券では、引き続き、お客様のニーズにあわせたサービスや商品を提供することで、さらなる顧客基盤の拡大を図ってまいります。

 

【『お気に入り銘柄』共有管理のイメージ】

 

 

                                                                                                                                          以上
 

【手数料等およびリスクの説明について】


楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

 商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天証券 >
  3. 『お気に入り銘柄』を全ての取引ツールで共有管理