イーベイ・ジャパン、2020年第2四半期の越境ECトレンドを公開

■カテゴリー成長率ランキング:給付金の影響で高額商品が大幅増。増加率1位はブランドバッグなどの「アパレル&ファッション雑貨」 2位に「カメラ」、3位に「宝飾・装飾・時計」が続く

■売れ筋ランキング:巣ごもり需要が多様化 。動画配信、ビジネス利用での需要を受けRICOHの360°カメラが1位に、ゲーム機本体は新品・中古どちらも前期に続き好調

ほか、DIY需要による自動車パーツの売上増、国際便の運用変動による低価格帯商品(おもちゃ、ゲーム)の順位低下など
各ランキングにCOVID-19影響下でのヒト、モノの動きが反映される結果に
世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への出店を通じ、日本セラーの「越境EC」を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 雅之、以下イーベイ・ジャパン)は、2020年度第2四半期(4‐6月)の期間に日本セラーから出品されたアイテムの販売動向を発表しました。

出品カテゴリーの売上前年比上位は「アパレル&ファッション雑貨」(30%)、「カメラ」(26%)、「宝飾・装飾・時計」(21%)と並び、高額商品がこれまでにない伸びを見せました。米国では新型コロナウイルス(COVID-19)対策の給付金として1200ドル(約13万円)が支給されたこと、長い外出自粛期間でのストレスを解消するためにショッピングへの意欲が向上したことなどが要因と思われます。

4‐6月に取引された商品のカテゴリーランキングは、順位の入れ替わりがありながらも上記の成長率TOP3が同様に上位を占めました。TOP10ラインアップにも大きな変化がないものの、外出自粛でのDIY需要を受け、自動車パーツがランクインを果たしました。パーツの売上は自動車大国であるアメリカでの伸びが大きく、世界での巣ごもり需要の多様化が見てとれます。また、1-3月期同様に、ゲーム機本体が新品、中古のどちらもが大きな成長を見せました。

売れ筋商品ランキングでは360°カメラ「RICOH THETA Z1」が1位となりました。外出自粛の影響を受け、動画配信やWEB会議などの用途で需要が高まった点が要因で、4位に入ったサンプラー「Roland SP-404SX」も同様に動画配信などエンターテインメント需要を受けたものと考えられます。

ほか、今期の特徴として、入国制限で日本に来日できない海外の販売業者がeBayで仕入れを行うというBtoB購買の増加や、国際便の取り扱いが不安定になったことでの、おもちゃなどコレクティブルカテゴリーといった低価格帯商品の苦戦など、COVID-19の影響による人と物の動きの変化が色濃く反映されたランキングとなりました。

今後もこのような変化は続くと見られ、日々変わっていく世界での需要に対応していくことが、越境EC成功のポイントとなります。イーベイ・ジャパンではセラー(販売者)向け無料サポートサイト「セラーポータル」で世界のマーケットトレンドや各カテゴリーの売れ筋商品情報など、最新情報を提供し、セラーの皆様をサポートいたします。

 ​■日本からの「越境EC」取引に関するデータ(期間:2020年4-6月)

【カテゴリー別成長率ランキング】(前年同期比):
4月は巣ごもり需要、5月以降は給付金支給の影響により期内で売れ筋カテゴリーが逆転


Q2前半の4月は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けファッション、宝飾品・時計、カメラ等高額商品の需要が落ちた一方で、おもちゃ、ゲームなど巣ごもり需要商品が大きい伸びを見せました。転じてQ2中盤から後半は米国で支給されたCOVID-19対策の給付金と延長されたタックスリターンの影響、またステイホームのストレスを解消するための活発なショッピング行動など、ユーザーの購買意欲の高まりが追い風となり、上記の高級商材の売上が急激な回復、上昇を見せました。さらに質の良い中古品を日本から仕入れる米国業者がコロナの影響により来日出来ないという状況のため、日本からの仕入れをeBay上で行うというBtoB目的での購買が売上を押し上げ、ファッション、宝飾品・時計、カメラの伸び率が過去最高値を記録しました。
対して、日本郵便の国際便の受付停止により、ランキング上位の常連だった、おもちゃやゲームなどの低価格商品帯が苦戦を見せ始める、という前半と後半で売れ筋が入れ替わるという状況が生まれました。
(ファッションカテゴリーマネージャー 北村直樹)
 

1位〈ー〉 ファッション (+30%YoY)
2位〈ー〉 カメラ (+26%YoY)
3位〈2位〉 宝飾・装飾・腕時計 (+21%YoY)


※順位横の〈〉は2020年第1四半期(1-3月)同データでランクインしていた際の順位

【カテゴリー別取引ランキング】
米国で外出自粛による車・バイクのDIY整備が人気


COVID-19の影響により、米国ではインターネットで”DIY”や”How to”の検索ワードが急上昇。それを反映するようにeBayでもバイク・自動車パーツの販売が急増し、これまでランク外だったオートパーツがトップ10入りしました。日本車のカーパーツ・アクセサリー類は以前から人気でしたが、中でもトヨタ(Lexus)、ホンダ(Civic、Accord)、ニッサン(Skyline、Silvia、GT-R)、マツダ(RX-7)などに注目が集まっています。
また、今回急上昇したもう一つのカテゴリーがゲーム機本体です。巣ごもり需要の当初はNintendo Switchと3月に販売された「あつまれどうぶつの森」に人気が集まり高い販売数の伸びを示しましたが、世界的な在庫不足の中でNintendo Switchが手に入りにくくなると、以前よりeBayで人気商品だったPlayStation Vita PCH-2000の販売数が向上しました(商品別売れ筋ランキング4位)。中古ゲームソフトのコレクター需要も引き続き高くファミコンのソフトに10万円以上の値がつくことも多いです。
(カテゴリーマネージメント部部長 中里力)
 

※順位横の〈〉は2020年第1四半期(1-3月)同データでランクインしていた際の順位

【商品別売れ筋ランキング】
 外出自粛の影響が顕著に


COVID-19影響下での外出自粛に関連して大きく販売数を伸ばした商品が1位の360°カメラと4位のサンプラーです。1位の「RICOH THETA Z1」は動画配信などのエンターテインメントをはじめ、対面営業が難しくなり遠隔で空間全体を見せるなどのビジネス用途も注目され、アメリカ側での供給が需要に追い付かず日本からの販売数を伸ばしました。4位の「Roland SP-404SX」は、小型かつレスポンス性が高いサンプラーで、もともと演奏や作曲用途で根強い人気でしたが、こちらも動画配信などのエンターテインメント需要を背景に販売数を伸ばしました。また、アメリカのみならずイギリスやオーストラリアなどからの購入も多いことが特徴です。
5位の「Casio G-SHOCK GBD-H1000」は、G-SHOCKの需要はもともと高く常に売れ筋ですが、こちらのモデルはG-SHOCK初のスマートウォッチで話題になったことや、日本と海外の価格差により、日本から定価で仕入れても利益を出せるということが日本から売れた要因と考えられます。
(マルチカテゴリーマネージャー 林斐子)
 
  • 1位〈ー〉360°カメラ リコー・シータ Z1(RICOH THETA Z1 910774)
  • 2位〈ー〉 任天堂 Switch「あつまれどうぶつの森セット」(Nintendo Switch Animal Crossing: New Horizon Special Edition Japan Domestic New)
  • 3位〈1位〉 ソニープレイステーションPS Vita PCH-2000 (PS Vita PCH-2000)
  • 4位〈ー〉 ローランド コンパクトサンプラー(Roland SP-404SX)
  • 5位〈ー〉 カシオ-SHOCK G Squad GBD-H100(Casio G-SHOCK GBD-H1000)


【 eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて 】

 

https://www.ebay.co.jp/
eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億8,200万人*ものアクティブバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営し、世界をリードするeコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2019年の取引高は902億ドル(約10.3兆円**)となり、常時14億商品が世界中から出品されています。

*2020年 第2四半期報告より
** 為替レート(1ドル=114円)で換算。

【イーベイ・ジャパン株式会社】
本社所在地:東京都渋谷区
事業内容:オンライン・マーケットプレイス「eBay」を通じた日本セラーの「越境EC」支援
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イーベイ・ジャパン株式会社 >
  3. イーベイ・ジャパン、2020年第2四半期の越境ECトレンドを公開