Hotels.com、休暇に向けた事前リサーチに関する調査結果を発表世界のミレニアル世代の3人に1人がネット検索疲れを感じていることが判明

~ネット検索の救世主?!「お客様が選ぶ人気宿アワード 2019」も発表~

●いったいいつ終わるの?: 旅行者は休暇の計画において、ネットで検索開始後わずか46分で飽きてしまうにもかかわらず、実に10時間以上を消費
●人生はつらいよ: 世界のミレニアル世代の旅行者のおよそ3分の1(32%)が、休暇の計画は人生における最も大きなストレスの1つであると回答
●日本のミレニアル世代の旅行者は休暇を待ち焦がれている:日本のミレニアル世代の旅行者の約半数は休暇の選択肢の多さにうんざり(47%)しているものの、休暇の計画が人生における最も大きなストレスの1つであると答えたのはわずか18%で世界全体の結果を下回る
●Hotels.comはまさに救世主:お客様の口コミに基づいて選ばれたHotels.com「お客様が選ぶ人気宿アワード 2019」の活用で、旅行計画の検索の手間を削減

旅行の計画を立てるとき、誰もが情報収集のための検索にものすごくイライラしてしまったという経験があるのではないでしょうか。それがヒマラヤ山脈での長期にわたるトレッキング休暇であれ、ツリーハウス・ホテルでのゆったりとした休暇であれ、旅行前の検索によるストレスは深刻です。世界26か国の方々を対象に実施したHotels.com™の新たな調査(※1)によると、旅行者は、平凡すぎる旅を避けたいがために、旅行前の終わりなきネット検索作業で疲労困憊していることがわかりました。

世界のミレニアル世代の旅行者のおよそ3人に1人(32%)が、人生における最大のストレスの1つとして、旅行の事前計画を挙げています。また、7人に1人以上が予約前に20時間以上を検索に費やしており、その結果、自撮りをしたり、ブランチをしたり、ホットヨガをしたりする時間がなくなってしまうというのも無理はありません。さらに、37%はスクロールのしすぎで、間違った場所や日付で予約をしてしまったことさえあると回答しています。

ネット検索疲れが始まるまでにかかる時間は、たったの46分です。ネット検索を避けるために、世界のミレニアル世代の52%の旅行者は以前行ったことがある場所を旅行先に選び、さらに25%は旅行を断念しています。また、40%は検索が面倒という理由で十分に探さないまま予約をしたことで、必要以上にお金を払ってしまったと考えており、36%は検索疲れから逃れるため、友人に約2万円を支払ってでも検索作業を依頼したいと思っていることがわかりました。

この検索疲れは、職場での生産性にも大きな影響を与えています。世界のミレニアル世代の旅行者の44%がオフィスでこっそり休暇の検索をしていることを認めており、さらに29%がそのせいで仕事が捗らなかったと答えています。休暇の行き先を最終的に決めるまでに、22%ものミレニアル世代が11件を超える休暇の過ごし方の候補を検討しているという事実も、驚くことではないのかもしれません。

世界の91%もの旅行者は、休暇の最終決定を下す際に他の旅行者の口コミ評価を参考にしており、検索から予約というプロセスにおいて、口コミはとても重要な役割を果たしています。旅行者を検索疲れから解放するため、Hotels.comは、「お客様が選ぶ人気宿アワード 2019 」を発表しました。このアワードは、お客様の口コミに基づいて厳選された宿泊施設で構成されています。今年は世界中で3,120軒の宿泊施設が9.5以上の評価を獲得した「ゴールドアワード」に選出され、日本の宿泊施設も63軒が選出されました。 特にパレスホテル東京と京都フォーシスターズレジデンスは9.9の高スコアを獲得しました。カテゴリー別でも日本の宿泊施設は、全12カテゴリーのうち「オール インクルーシブ」「ビーチ」、「ビジネス」、「ファミリー」、「バケーションレンタル」、「LGBT」、「ラグジュアリー」、「スキー」の7つのカテゴリーで計25件の宿泊施設が受賞施設に選出されました。

日本のミレニアル世代の旅行者の傾向

日本のミレニアル世代の旅行者も、世界全体のミレニアル世代の旅行者と同様、休暇のための検索にはネガティブな感情を抱いているようです。「休暇の検索で、さまざまな候補を検討することにうんざりする」と答えた日本のミレニアル世代の旅行者は47%にのぼり、「休暇の検索で、候補の数に圧倒される」と答えた人も61%となりました。その一方で、「休暇の計画は人生最大のストレスの一つ」と答えた日本のミレニアル世代の旅行者は18%にとどまり、世界全体の32%を下回りました。このことは、日本のミレニアル世代の旅行者にとって、休暇の検索自体にわずらわしさを感じるものの、休暇の計画自体にはそれほど抵抗がないということを示していると考えられます。他国と比較して、一般的に長期での休暇を取得することが難しい日本では、休暇の計画自体が日々の忙しい生活から解放してくれる存在であるのかもしれません。

また、世界全体と比較すると、日本のミレニアル世代の旅行者は、休暇の計画はかなり前に始める傾向がありますが(日本のミレニアル世代の旅行者の48%は31日以上前に計画を開始、対して世界のミレニアル世代の旅行者では27%)、その一方、「完璧な休暇にするために週末ずっとネットで候補を検討する」「完璧な休暇の過ごし方を見つけるために毎日検索する」と答えた日本のミレニアル世代の旅行者は、世界のミレニアル世代の旅行者を下回りました(それぞれ日本45%:世界77%、日本38%:世界59%)。これは、日本のミレニアル世代の旅行者の場合、仕事などでなかなか休暇のための検索の時間が取れず、休暇の検索については効率を重視して行いたいと思っているニーズを潜在的に表していることが考えられます。

「ゴールドアワード」全世界都市別 受賞宿泊施設数ランキング(上位5都市)

1.    ローマ
2.    ベネチア
3.    フィレンツェ
4.    サントリーニ島
5.    ハノイ

「ゴールドアワード」国内都市別 受賞宿泊施設数ランキング(上位7都市)

1.    東京(14軒)
2.    京都(10軒)
3.    由布(8軒)
4.    神戸(3軒)
5.    那覇(2軒)
6.    大阪(2軒)
7.    高山(2軒)

Hotels.com日本代表の井尻岳人は次のように述べています。「Hotels.comを利用すると、宿泊先を世界中から厳選された『お客様が選ぶ人気宿アワード』獲得施設の中から選ぶことができ、休暇のためのホテル探しの面倒な作業を短時間で終わらせることができます。休暇で泊まる宿泊施設の検索をする際にこれらの宿泊施設を参考にしてみてください。延々とマウスをスクロールする必要がなくなります。アワードに選出された宿泊施設は、実際に宿泊したお客様によって評価された施設であり、Hotels.comは、お客様に最高の宿泊施設をご提供するために2,500万件以上の口コミを分析しています。」

「お客様が選ぶ人気宿アワード 2019」を受賞した宿泊施設は下記でご覧いただけます。
https://jp.hotels.com/hotel-deals/loved-by-guests-2019?pos=HCOM_JP&locale=ja_JP

###

※1 本調査はOne Poll社によって2019年2月に実施され、世界26か国の7,800名(うち日本人回答者は300名)が回答しました。

■Hotels.com™について
ご希望通りの宿泊先を探して、簡単に予約できるHotels.com( https://jp.hotels.com/ )。出張やレジャー問わず、使いやすいホテル予約サービスの提供に努めています。Hotels.comでは世界中の数十万軒もの宿泊施設の予約ができ、ウェブサイトは90カ国以上で運営され、41の言語に対応しています。ラスベガスのお得なホテルも、タイのツリーハウスも、絶景のヴィラも、サクッと手軽に検索完了。また、大人気のロイヤリティプログラム「Hotels.com Rewards( https://jp.hotels.com/hotel-rewards-pillar/hotelscomrewards.html/ )」では、無料(※2)で宿泊できるボーナスステイがあっという間に獲得できます。ホテル予約は賢く簡単、スマートに。2,500万件以上の宿泊済みのお客様による口コミ評価や、ダウンロード数7,000万件の使いやすいスマホアプリも提供しており、お客様にぴったりの宿泊施設を探していただけます。

※2 無料宿泊特典に税およびサービス料は含まれません。無料宿泊特典で利用できる金額の上限は、お客様の10 泊分の宿泊料金の1 日あたりの平均金額に相当します。登録および予約は、Hotels.comウェブサイト、Apple StoreおよびGoogle PlayのHotels.comアプリで可能です。詳しくは利用規約全文( https://jp.hotels.com/customer_care/terms_conditions.html )を参照してください。

© 2019 Hotels.com, LP. All rights reserved.Hotels.com、ベルパグ、Hotels.com Rewardsおよび Hotels.com のロゴは Hotels.com L.P の登録商標です。その他の商標はすべて、該当する各社の所有物です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hotels.com >
  3. Hotels.com、休暇に向けた事前リサーチに関する調査結果を発表世界のミレニアル世代の3人に1人がネット検索疲れを感じていることが判明