派遣社員のトリセツ!よくある派遣活用時のトラブル事例とは?

【3月12日(金)13:00~13:40 無料オンラインセミナー開催】

 ウィルグループの人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 告野 崇)は、2021年3月12日(金)に、『派遣社員のトリセツ!よくある派遣活用時のトラブル事例』と題した無料オンラインセミナーを開催します。本セミナーでは、派遣社員を採用するうえで必要となるコンプライアンス知識や実際に発生したケーススタディを交えながら派遣社員をうまく活用していく方法についてご紹介します。


 人材派遣の歴史を辿ると、過去幾度となく労働者派遣法が改正され、そのたびに派遣社員の活用に苦慮された企業も多くのではないでしょうか。昨今では、インターネットで簡単に情報を得ることができるため、以前に比べ、派遣社員自身が法律の知識を有しており、いわゆる派遣雇用のベテラン層による労働問題やコンプライアンス上のクレームも多くなってきました。一方で、人手不足を補う目的や、専門スキル保有者を採用するために業務運営上、派遣社員の活用を欠かせない企業も多いのではないでしょうか。

 そこで本セミナーでは、派遣先企業において必要となるコンプライアンス知識や直近で発生したケーススタディを交えながら、派遣社員をうまく活用していく方法をご紹介します。

 

  • セミナー概要
日時 2021年3月12日(金)13:00-13:40
費用 無料
定員数 100名限定
参加方法 オンライン開催(Zoom)
お申し込みいただいたメールアドレス宛に、
ZoomミーティングルームのURLをお知らせいたします。
▼お申込みはこちら
https://willof-work.co.jp/journal/event/1949/
プログラム ・派遣法の歴史と派遣業界の現状
・人材派遣に関する注意点と対策
・ケーススタディ

 

  • 登壇者

小林 弘明(こばやし ひろあき)
株式会社ウィルオブ・ワーク
コールアンドオフィスデザイン事業部営業推進部 リーダー


2011年に北海道銀行を退職後、派遣社員として株式会社セントメディア(現ウィルオブ・ワーク)に入社。2016年に現場での優秀な成績が認められ、正社員登用後、コーディネーターを経て札幌支店の支店長に着任。支店長として高いマネジメント力を発揮し、支店の売上改善に大きく貢献。その後、2018年に営業推進部へと籍を移し、現在は新卒研修や支店長研修、コンプライアンス研修を担当している。

 

 


■株式会社ウィルオブ・ワークについて
ウィルオブ・ワークは、販売やコールセンター、介護をはじめ、業種に特化した 「人材派遣」「業務請負」「人材紹介・紹介予定派遣」サービスを提供しており、業種に特化した教育活動を通して、専門性の高い人材ビジネスを展開しています。当社が掲げる『Chance-Making Company』のビジョンのもと、すべての人の可能性を信じ、あらゆる人の働く機会、そして多様な働き方も増やしていきたいと考えています。


【会社概要】
社   名  : 株式会社ウィルオブ・ワーク
本   社  : 東京都新宿区新宿三丁目1番24号 京王新宿三丁目ビル3階
設   立  : 1997年1月
代   表  : 代表取締役社長 告野 崇
資 本 金  : 9,900万円
従 業 員 数  : 2,433名(2020年3月末現在)
U R L  : https://willof-work.co.jp/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィルグループ >
  3. 派遣社員のトリセツ!よくある派遣活用時のトラブル事例とは?