Carstay、静岡県浜松市でバンライフを通じた地域活性化 「Local Vanlife Project」を2月より開始

~ 浜松市の民間事業者と連携し、観光消費拡大、企業誘致、防災インフラ整備を促進 ~

キャンピングカーと車中泊スポットのシェアリングサービスなど新たな旅や暮らしのスタイル「バンライフ※」のプラットフォーム事業を展開するCarstay(カーステイ)株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:宮下 晃樹)は2022年2月より、地域に根差した持続可能な地域観光モデル「Local Vanlife Project(ローカル・バンライフ・プロジェクト)」の一環として、静岡県浜松市での事業展開を開始します。
株式会社FromTo(代表取締役:宮城 浩)、株式会社We will(代表取締役:杉浦 直樹)、株式会社スズヒロ(代取締役:古橋 啓稔)など、浜松市内に拠点を持ち、地域活性化事業を手掛ける民間事業者との連携を通じて、バンライフのプラットフォーム事業を浜松市で広げ、観光消費拡大、ワーケーション促進による企業誘致、防災インフラ整備を促進することを目的に活動します。

2月より、順次、浜松市内にキャンピングカーと車中泊スポットをCarstayに登録し、バンライフをとおした地域活性事業を展開します。

浜松市は、自動車産業が発展を遂げた大都市であり、自然や温泉等の観光資源も有し、首都圏・中京圏からのアクセスも良く、さらに「クルマのおうちフェス2022(https://carstay.jp/ja/media/interview/kurumanoouchifes2022)」などのバンライファー向けの企画も開催されるなど、バンライフが広がる可能性が高いエリアであることから、浜松市での活動を開始しました。

今回の浜松市での「Local Vanlife Project」は、石川県白山市、埼玉県川島町、広島県三原市に次ぐ第4弾となります。なお、昨年12月、キャンピングカーでの旅や暮らし「バンライフ」を通じた地域活性化を強化するために、三原市では自治体として初めて、包括連携協力協定を締結しました。

 < 浜松市内で予約可能なキャンピングカーと車中泊スポット例 >

 

 

・AtoZアミティー(浜松市南区) 
 https://carstay.jp/ja/cars/6015f0b89efeb94cf7cd4fca

・車中泊スポット「ジローの休憩場(浜松市南区)」
 https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/602a2300aac2695345b8107e

・車中泊スポット「ナオさんとこ(浜松市浜北区)」
 https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5c9b0101c98507511de4a997

・キャンピングカー、車中泊仕様のバンのカーシェア登録はこちら: https://carstay.jp/ja/holder
・空き地や空き駐車場の車中泊スペースシェア登録はこちら: https://carstay.jp/ja/host

※バンライフ:  車を通じた旅や暮らしにより、“人生を豊かにする”ことを目的として、荷台スペースが広い車“バン”を家やオフィスのように作り変え、車を働く・遊ぶ・暮らしの拠点とする新たな“ライフ”スタイルです。

■ Carstay株式会社について
Carstay株式会社は「Stay Anywhere, Anytime. 誰もが好きな時に、好きな場所で、好きな人と過ごせる世界をつくる」というミッションを掲げ、“移動”を基盤にあらゆるサービスを提供する概念「MaaS(マース)(Mobility as a Service)」領域で新しい旅と暮らしのスタイル「VANLIFE(バンライフ)」をテーマに事業を展開するスタートアップ企業です。今後、5G・自動運転社会の到来で必要となる「快適な移動」と「感動体験」を「VANLIFE」プラットフォームの提供を通じてデザインします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Carstay株式会社 >
  3. Carstay、静岡県浜松市でバンライフを通じた地域活性化 「Local Vanlife Project」を2月より開始