プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社SGマネジメント
会社概要

SG Groupが「アジアのベストバー」8年連続ランクイン!!The SG Club(渋谷)は14位を獲得!

「El Lequio」(沖縄・那覇)、「The Odd Couple」(中国・上海)も含め、同グループ3店舗同時受賞。

株式会社SGマネジメント

アジア地域すべてのバーの中から50店舗を表彰するアジア最高のバーアワード「ASIA’S 50 BEST BARS 2023」(主催:ウィリアム・リード・ビジネス・メディア)が2023年7月18日(火)、⾹港のセレモニー会場およびオンラインで発表されました。国内外でバーを運営するSG Group(株式会社SGマネジメント、本社:東京都渋谷区)の店舗が8年連続でランクインしました。












「The SG Club」(東京・渋谷)は2019年から毎回選出されており、今回は14位を受賞。

なお、先日発表された51位から100位のリストでは、「El Lequio」(沖縄・那覇)が80位に、「The Odd Couple」(中国・上海)が87位にランクインしています。
第8回となる今回は4年ぶりに制限のないフルスケールでセレモニーが開催され、アジア中のトップバーテンダーや業界関係者が香港に集いました。イベントは3日間にわたり、7月17日にBartenders’ Feastがフォーシーズンズホテルで、18日に授賞式がROSEWOODホテルで行われ、SG Group代表の後閑信吾も参加。19日にはクロージングパーティがAqua Hutongで催されました。はじめて会場となった香港は祝祭ムードに包まれ、活気に満ちた3日間となりました。














  • ASIA’S 50 BEST BARS について

「ASIA’S 50 BEST RESTAURANTS」のバー版として2016年に創設された、発展著しいアジアのバーシーンを網羅するアワード。アワードの評議委員は著名なバーテンダーやコンサルタントを含む250人以上のドリンク専門家、アジア各地のカクテルスペシャリストで構成され、過去18ヶ月間に訪問したバーの中からアジアで最も優れていると思うバー7店舗を挙げてランク付けする。委員は中国、香港、台湾、日本、韓国、インド、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアなど東アジアから南アジアまで多種多様なバーをめぐるので、アジア全体のドリンクカルチャーの多様性が反映される。

ASIA’S 50 BEST BARS https://www.worlds50bestbars.com/asia/


授賞式のレッドカーペット(中央・後閑信吾/7月18日、ROSEWOOD HONG KONG)


  • The SG Club

左:1F「Guzzle」 中:地下1F「Sip」 右:2F「Savor」


カクテルをカジュアルに楽しめる1階の「Guzzle」と、ゆっくり味わう地下1階の「Sip」、シガーとカクテルのペアリングで寛ぐ2階の会員制ラウンジ「Savor」の3フロアからなる。1860年に幕府が派遣した遣米使節団のストーリーからインスパイアを受け、江戸とニューヨークが融合したスタイルの内装や、使節団の辿った航路に因んだカクテルメニューが特徴のバー。(2023年ASIA’S 50 BEST BARS 14位 / 2020年THE WORLD’S 50 BEST BARS 10位)


住所 東京都渋谷区神南1-7-8 豊産ビル

Instagram https://www.instagram.com/the_sg_club/


  • 後閑 信吾(ごかんしんご)

 SG Group代表。今世界で最も注目されるバーテンダーの一人。
 2006年に渡米し、ニューヨークの名店Angel’s Shareでヘッドバーテンダーを務める。2012年、世界最大規模のカクテルコンペティションBacardi Legacyにアメリカ代表として出場し、世界大会優勝。
 2014年、上海にSpeak Lowをオープン。以後、新しいコンセプトのバーを次々とオープンさせ、現在国内外で8店舗を展開。World’s / Asia’s Best Barsでは世界最多の45回を受賞している。
 2017年、バー業界のアカデミー賞といわれるTales of the Cocktailの「International Bartender of the Year」を受賞。Asia’s 50 Best Barsでは、2019年に個人に対する最高賞「Altos Bartenders’ Bartender」を、2021年にはその年のバー業界を象徴する人物に贈られる「Roku Industry Icon Award」を受賞し、双方を獲得した初めてのバーテンダーとなる。


  • SG Group

 ファウンダー後閑信吾が率いるBARカルチャーカンパニー。世界や国内のコンペティションで実績あるバーテンダーが多数活躍。
 バーの境界を超えた新しいコンセプトのバーを国内外で開発・運営し、The World’s 50 Best Barsにおいて世界一の受賞回数を持つ。
 2020年2月、バーで楽しめる新しいコンセプトの本格焼酎「The SG Shochu」を高橋酒造(熊本)、薩摩酒造(鹿児島)、三和酒類(大分)の酒造3社と共同開発。「KOME」「IMO」「MUGI」の3ラインナップをリリースした。2021年に中国で、2022年秋に北米で販売開始。
 2023年3月、瑞穂酒造(沖縄)、One Spirit(同)と協業し琉球泡盛と沖縄黒糖のリキュール「KOKUTO DE LEQUIO」をリリース。
 同月、木村硝子店(東京)の木村祐太郎氏とデザインしたグラスウェアブランド「SIP AND GUZZLE」の一般販売を開始。バーツールショップ「OCHO」(東京・渋谷)等で展開する。
[ Web ] https://sg-management.jp/ ( SG Management Inc. )
https://thesgshochu.com ( The SG Shochu )
https://www.instagram.com/i__am__sg ( SG Group Instagram )

【 運営店舗・受賞歴 】

Speak Low(上海) The World’s 50 Best Bars 10位(2017)/ Asia’s 50 Best Bars 2位(2017)
Sober Company(上海) The World’s 50 Best Bars 39位(2021)/ Asia’s 50 Best Bars 5位(2021)/ The Best Bar in Mainland China(2022)
The SG Club(東京) The World’s 50 Best Bars 10位(2020)/ Asia’s 50 Best Bars 14位(2023) / The Best Bar in Japan(2020、2021)
The Odd Couple(上海) Asia’s 50 Best Bars 87位(2023)
ゑすじ郎 / SG Low(東京) 2021年2月 オープン
swrl. [wine cocktail & kitchen](東京) 2021年10月 オープン
El Lequio(沖縄) 2022年3月8日 オープン/ Asia’s 50 Best Bars 80位(2023)
æ (ash)[zero-waste cafe & bar](東京) 2022年5月30日 オープン
The SG Shochu(本格焼酎)サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(2021) KOME・IMO : Double Gold Medal / MUGI : Gold Medal /デザイン部門 : Bronze Medal受賞
KOKUTO DE LEQUIO(リキュール) 2023年3月 ローンチ
SIP AND GUZZLE(グラスウェア) 2023年3月 一般販売開始
OCHO(バーツールショップ) 2023年6月16日 渋谷にオープン



このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都渋谷区店舗・民間施設沖縄県那覇市店舗・民間施設
関連リンク
https://sg-management.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社SGマネジメント

17フォロワー

RSS
URL
https://sg-management.jp/
業種
飲食店・宿泊業
本社所在地
東京都渋谷区神南1-7-8 豊産ビル1F
電話番号
03-6455-2630
代表者名
勝山 聡
上場
未上場
資本金
888万円
設立
2018年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード