【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】セ・リーグ第4節(2)【D vs S、DB vs G、C vs T】

DeNA・辻がチームをけん引!V争いをリード。ヤクルト・渡部、阪神・徳田が揃ってプロ初勝利!

セ・リーグ第4節(2)【DB vs S、DB vs G、C vs G】のアーカイブはこちら!

 



【中日 0-2 ヤクルト(ナゴヤドーム)】

 

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
D:岡久● S:渡部○

初回の得点を守り切ったヤクルトが勝利。対戦成績を1勝1敗とした。

1番・坂口が“絶好調”、2番・青木、3番・村上が“好調”と、主力打者の調子に恵まれたヤクルト打線が初回から襲いかかった。2番・青木がスリーベースを放つと、村上は勝負を避けられたが、4番・廣岡がセンター前へのタイムリーを放ち1点を先制。さらに、5番・西浦もヒットで続くと、6番に据えられた山田がセンターへの犠牲フライを放ち2点を先制する。
立ち上がりを責められた中日・岡久は2回、先頭・大島をヒットで出塁させ果敢に攻めに行ったが、続く6番・木下拓のセカンドへのヒット性の打球の判断を見誤り、1塁走者が飛び出してしまってダブルプレー。3回、4回にも走者を出したが、得点圏に進めることができなかった。試合が動いたのは初回の2得点のみで、中日は最後まで攻撃面で見せ場を作れず、完封負けを喫した。

ヤクルト・渡部は4節目にして待望のプロ初勝利。敗れた中日・岡久は初回の2失点につながった打球処理が悔やまれる結果となった。

初回の得点を守り切り、プロ初勝利を挙げたヤクルト・渡部選手
「なんとしてもチームのために1勝したかったので、がんばりました。迷った部分もたくさんあったのですが、チームメイトが手助けしてくれたので、この結果につながったかなと思います」

 

ヤクルト・渡部選手は待望のプロ初勝利!
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【DeNA 2-1 巨人(クラウン)】

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
DB:辻○ G:坂東●

DeNAと巨人の首位攻防戦。今季無敗の成績を誇るDeNAのスーパールーキー・辻が、大一番でも変わらぬ勢いを見せつけた。

ともに無得点で迎えた3回裏、DeNA・辻が7番・石川でこの日チーム初ヒットを放つと、1死から代打・伊藤裕がつないで1、3塁のチャンスを作る。なんとか先制点を奪いたい辻は、1番・梶谷で低めのあわやボールかという球をミート打ちで前に飛ばすと、打球はボテボテのサードゴロ。打ち取られた打球ではあったものの、勢いがなかったことが幸いして、巨人・坂東は本塁にも二塁にも投げられず。一塁に投げてアウトをひとつ奪うのみで、その間に3塁ランナーがホームインし、1点を先制した。
直後の4回表、巨人は岡本のタイムリーで追いつくも、その裏、巨人先発・今村の高めの直球をロペスが真芯で捉えてバックスクリーンへ。すぐさま勝ち越して、巨人にプレッシャーをかけた。
最終回は守護神・三嶋が3人で斬って取り、DeNAが勝利。初戦は引き分けた同カードでDeNAが先勝し、優勝争いで一歩リードした。

大一番でも変わらぬ強さを見せたDeNA・辻選手
「この試合がすごく大事なゲームだということは頭に入っていました。初戦で大茂さんが気迫で引き分けに持ち込んでくださった姿をみていたので、自分もその姿を思い浮かべて戦いました」

 

DeNA・辻選手は未だ無敗の絶好調

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【広島 0-3 阪神(マツダスタジアム)】

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
C:倉前● T:徳田○

昨季はともに広島のユニフォームを着て戦った、広島・倉前と阪神・徳田のマッチアップ。試合は先制点を奪った阪神がそのまま逃げ切り、3対0で勝利した。

プロリーグ2年目ながら、なかなか白星と縁がなかった阪神・徳田。2回表、1死から木浪、高山の連打でチャンスを作ると、代打・陽川でスクイズを決め、1点を先制する。
このリードを守り切りたい徳田は、守備面でも落ち着いた投球を披露。4回まで広島・倉前にひとりの走者も許さない完璧なプレーぶりをみせる。守備からリズムを作ると、迎えた5回には先頭・大山のホームランで追加点。さらに、2死から梅野でタイムリーも放ちこの回2得点とし、リードを3点に広げ、最後は初安打こそ許したものの無失点に抑え逃げ切り勝利。
阪神・徳田にとっては通算9試合目にしてうれしいプロ初勝利。一方の広島・倉前はかつての同僚対決でいいところを見せられなかった。

昨年の同僚対決を制し、うれしいプロ初勝利をマークした阪神・徳田選手
「この試合は、自分の初勝利もそうですし、相手が昨年所属していた広島ということでいろんな思いがあったんですけど、それよりもチームメイトの悔しい負けが続いてしまっていたので、勝たなきゃいけないという気持ちが強かったです」
 

気合を前面に押し出してプレーした阪神・徳田選手は通算9試合目でプロ初勝利!
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


【YouTube】NPB eスポーツ公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

現在の順位はこちら! eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=ce

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】セ・リーグ第4節(2)【D vs S、DB vs G、C vs T】