【JPYC×和らしべ】HiÐΞコミュニティ内でJPYCに関する優秀な記事を表彰する『HiÐΞ×JPYC懸賞』を開始

JPYCに関する優秀な記事を投げ銭で表彰する『HiÐΞ×JPYC懸賞』が開始!

日本円に連動したステーブルコイン「JPYC」を発行するJPYC株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岡部典孝、以下 JPYC)は、提携先の株式会社和らしべ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井元秀彰、以下 株式会社和らしべ)との共同企画としてHiÐΞ×JPYC懸賞を開始します。HiÐΞ(ハイド)ブログ内でJPYCについて書かれた記事をピックアップし、優秀記事にはJPYCによる投げ銭を行い、JPYCのオウンドメディアに掲載します。

 


『HiÐΞ×JPYC懸賞』と題して、HiÐΞブログ内のJPYCに関する優秀記事に対して、JPYCによる投げ銭を行い、記事の寄稿を募集します。

応募方法は、記事投稿の際にトピックにHiÐΞ×JPYC懸賞のタグを指定して投稿するだけです。
※『HiÐΞ×JPYC懸賞』のタグがついた記事はJPYCのオウンドメディアに掲載されることを了承したものとします。(掲載する際には投げ銭とコメント欄へのご連絡を必ず行います)

優秀記事は、JPYCスタッフがピックアップし、最優秀賞にあたる金賞(5000JPYC)と優秀賞にあたる銀賞(1000JPYC)が投げ銭され、JPYCのオウンドメディア(https://blog.jpyc.jp/)に転載されます。

参加方法

募集期間中に「HiÐΞ×JPYC懸賞」のトピックを付与した記事を投稿することでエントリーとなります。
トピックを付与した時点で投稿記事はJPYCのオウンドメディアに転載されることを了承したと考えます。
記事を転載する際には必ず投げ銭とコメントを行います。無断での転載はいたしません。

懸賞のJPYCについて​
反響次第ですが、二週間に一回の頻度で懸賞を考えています。
最優秀章にあたる金賞:5000JPYC(該当者1名)
優秀賞にあたる銀賞:1000JPYC(該当者複数)
今後反響があれば銀賞の単価アップも考えています。

最初のお題・期間:8/16~8/31

・JPYCの取説
・JPYCを使ってみたレポート
その他、JPYCを利用したサービス開発などの記事があれば、「HiÐΞ×JPYC懸賞」のタグつけをお願いします。
対象期間に公開されており、なおかつ「HiÐΞ×JPYC懸賞」のタグつけがされた記事が審査対象ですので、過去の記事などで応募したい場合は、懸賞用の再掲載という形で新たに投稿をお願いします。

株式会社和らしべについて
「法定通貨に依存しない経済圏を創る」をビジョンに掲げ、BaaS領域で法定通貨経済圏と暗号資産経済圏を繋げるスタートアップ企業です。ブロックチェーンを活用した評価プロトコル「HiÐΞ Protocol」の開発を行っています。チームメンバーは日本、ベルリンと多拠点リモートによる新しい働き方、評価方法に取り組んでいます。

JPYC株式会社について
JPYC株式会社は2019年11月に創業し、2021年1月に日本初のERC20自家型前払式支払手段として日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を発行しました。JPYCをより多くの方にご利用いただくためにも、親和性の高い事業者との業務提携を積極的に進めております。

◾ 会社概要 
・会社名:JPYC株式会社(2021年5⽉、⽇本暗号資産市場株式会社より商号変更) 
・代表者:代表取締役 岡部 典孝 
・所在地:東京都港区芝公園4-8-12 猫来坊 
・設⽴:2019年11⽉ 
・事業内容:ERC20前払式⽀払⼿段の発⾏、NFT等ブロックチェーン全般に関するコンサルティング
・加入団体:一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)会員
一般社団法人 日本資金決済業協会 第一種会員
・URL:https://jcam.co.jp/ 
・Twitter:https://twitter.com/jcam_official
  1. プレスリリース >
  2. JPYC >
  3. 【JPYC×和らしべ】HiÐΞコミュニティ内でJPYCに関する優秀な記事を表彰する『HiÐΞ×JPYC懸賞』を開始