アエラ表紙のフォトグラファーが 変わります! 4月18日号(4月11日発売)より蜷川実花が担当

4月11日に発売する4月18日号より、蜷川実花がアエラの表紙フォトグラファーを担当します。記念すべき最初の被写体は、ハリウッドでも活躍する俳優の渡辺謙さん。同じ号には蜷川のインタビューも掲載しています。蜷川はその中で、以下のように語っています。
「ポートレートは写真の中でも基本中の基本。写真家がどんな姿勢でカメラに向かったか、現場で被写体とどんな関係性を作れたかがすべて映り込みます。真面目に、誠実に、アエラの歴史を引き継ぎ、さらに進化させたい」 

【蜷川実花略歴】 
にながわ・みか/写真家・映画監督 
木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、初監督映画「さくらん」公開。2008年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版し、世界各国で話題に。2012年、監督映画「ヘルタースケルター」が22億円の興行収入を記録。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。 

【アエラについて】
1988年創刊のニュース週刊誌。毎週月曜日発売で定価390円。20~50代の働く人を対象に、世界情勢から国内のニュース、ライフスタイルについての特集など、幅広い記事とビジュアルを重視した誌面作りで定評を得ている。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. アエラ表紙のフォトグラファーが 変わります! 4月18日号(4月11日発売)より蜷川実花が担当