MDGsはどこまで達成されたのか?国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンが「ポスト2015開発アジェンダ」へ向けたシンポジウムを開催

2015年6月8日(月) 15:00-18:00 @中野坂上

2000年の国連ミレニアムサミットで採択された「ミレニアム宣言」に基づきまとめられたMDGs(Millennium Development Goals、ミレニアム開発目標)が、2015年の今年、達成期限を迎えます。MDGsは、開発分野における国際社会共通の目標であり、国際社会は目標達成に向けて数々の取り組みを実施してきました。

この節目に際し、国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務理事・事務局長:片山信彦、以下WVJ)は、これまでの成果を振り返り、2015年以降に世界の目標となる「ポストMDGs開発アジェンダ」に託される課題を探るシンポジウムを開催します。

 

MDGsが定めた8つの目標の4番目である「2015年までに5歳未満死亡率を、1990年の水準まで引き下げる」という目標。世界の子どもたちのために活動するワールド・ビジョン(WV)は、この目標達成のために世界的なキャンペーン「Child Health Now–アクション!救えるはずの命のために」を展開してきました。

シンポジウム第1部では、MDGsが、そしてこのキャンペーンが世界の保健政策や現場にもたらした成果を振り返ります第2部では各界の有識者を招き、2015年以降の目標として「救えるはずの子どもの命を、すべて救う」ことを掲げることになる「ポスト2015開発アジェンダ」のあるべき姿等を議論します。


【開催概要】-----------------------------------------------
国際シンポジウム: MDGsから「ポスト2015開発アジェンダ」へ 
~救えるはずの子どもの命を、すべて救うために~


日時: 2015年6月8日(月)15:00-18:00(14:40開場)
会場: ハーモニースクエア3F ハーモニーホール (地下鉄中野坂上駅から徒歩1分)
出演者: UNICEF東京事務所 代表 平林国彦氏
外務省 国際保健政策室 室長 山谷裕幸氏
日本大学大学院総合社会情報研究科 教授 池上清子氏
WVインターナショナル グローバルキャンペーン ディレクター アンドリュー・ハセット
WVJ 常務理事・事務局長 片山信彦
言語: 日本語(日英通訳あり。ただし一部英語のみ)
内容: 別紙参照
後援: 外務省、UNICEF東京事務所、国際協力NGOセンター(JANIC)
賛同: 動く→動かす(GCAP Japan)、action/2015 Japan
申込み: HP( https://www.worldvision.jp/news/advocacy/20150521.html )よりお申込みください
-------------------------------------------------------------

★ワールド・ビジョン・ジャパンとは?
ワールド・ビジョンは、国連経済社会理事会に公認・登録されたキリスト教精神に基づく国際NGOで、日本の事務所である特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは1987年設立されました。詳しくは http://www.worldvision.jp へ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン >
  3. MDGsはどこまで達成されたのか?国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンが「ポスト2015開発アジェンダ」へ向けたシンポジウムを開催