仕事以外で子どもを預けるママは約半数、預け先は実家などがトップ

妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」が「ママの自由時間」について調査

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において、「ママの自由時間」についてのアンケートを実施しました。
【本リサーチ実施の概要】
育児中の人が、自分の「自由時間」を確保するために、託児サービスなどをどのように利用しているか育児中の会員対象に調査しました。また、仕事以外で子どもを預けることについてどのように考えているかを、妊娠前、妊娠中、育児中の会員対象に調査しました。

■調査名:     「ママの自由時間」についてのリサーチ
■調査方法:    妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査
■応募期間:    2016年9月23日(金)~9月30日
■調査対象:    現在妊活・妊娠・育児中の方 787名
    
※本調査の具体的な内容や、その他の設問などの調査結果の詳細は、ベビカムリサーチで公開しています。
ベビカムリサーチ(http://www.babycome.ne.jp/online/research/

【調査結果の概要】
■仕事以外の理由で子どもを預けることがある人は48%
「仕事以外の理由で、子どもを預けることがありますか?」と育児中の方にお聞きしたところ、「はい」が48%、「いいえ」は52%と、「いいえ」が少し多い結果となりました。
子どもの人数別に見ると、子どもが1人の方では「はい」が43%(452人中194人)、2人以上の方では「はい」が57%(229人中130人)と、2人以上子どもがいる人のほうが『子どもを預けること』が多いようです。

 

■子どもの預け先は、実家・義実家が48%
仕事以外の理由で、子どもを預けることがあると答えた324人の方に「仕事以外の理由で、子どもを預けるとき、誰に預けることが最も多いですか?」とお聞きしたところ、最も多かったのが「実家・義実家」で、子どもを預けることがある方の48%と約半数でした。「夫」は28%、「保育園(一時預かりなど)」が14%でした。

■預ける理由は「自分の通院」が57%
仕事以外の理由で、子どもを預けることがあると答えた324人の方に「仕事以外の理由で子どもを預けるとき、預ける理由はどのようなことが多いですか?」と、複数回答可で伺いました。最も多かったのが「自分の通院」で57%でした。次いで「美容院、ネイル、マッサージなど」が44%、「買い物」が40%となっています。「その他趣味、息抜きなど」という理由も25%の方(4人に1人)が挙げました。

■仕事などでなく、子どもを預けることに「少し抵抗を感じる」人が47%
「仕事などでなく、子どもを預けることについてどう思いますか?」と、妊娠前、妊娠中の方を含む、全調査対象者に伺いました。最も多かったのは、「少し抵抗を感じる」が47%と約半分で、「あまり抵抗を感じない」も31%でした。
「仕事以外でも預けてもいいと思う。そのほうが親もストレスなく過ごせるし、早く用事を終わらせて、子どもを迎えに行き、子どもとの時間を持つことが親にとっても子にとっても良いと思う」(37歳 岡山県 ちゃあさん)など託児肯定派から、「考えられないし、誰からも勧められたこともない」(36歳 神奈川県 コトさん)など否定派まで、様々なご意見がありました。

回答者のみなさんからは「仕事以外で子どもを預けること」について、様々な自由回答が寄せられました。

・冠婚葬祭などはアリだと思うが、あくまで親が子を育てるのであり、保育園は親が楽をするためのものではない。子を産んだ以上親は育てる責任を果たすべきだと思うので、自由な時間=親が遊ぶ時間は独り身の時に比べて減るのは目に見えてわかっているのだから承知の上で子を産まなければならないと思う。育児に疲れ、子を殺す親はたくさんいるが、それは理由にはならない。時間がなくなるなら産むものではない。(24歳 岡山県 なしスターさん)

・ママの息抜きのためにも必要だと思う。子どもが可哀想という意見もあるけれど、子どもにとってもママ以外の人と接する貴重な機会だと思う。(31歳 愛知県 せいこ008さん)

・以前ママ座談会に参加したことがあり、その際に託児をしていただきました。託児経験は初めてで多少不安はあったのですが、あとから託児の様子を伺ったり写真を見せていただいて、子どもがそれなりに楽しそうに過ごしていましたし、私自身もリフレッシュできました。それ以来、たまには子どもを預けて自分時間を作ることは悪いことではないかなと思うようになりました。(36歳 東京都 きちこさん)

など、託児肯定派から否定派まで、様々なご意見がありました。

■サイト情報
ベビカム(http://www.babycome.ne.jp/

日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞しました。
ページビュー 400万PV/月
ユニークユーザー数 100万人/月・820万人/年
会員数 300,120人

■会社概要
ベビカム株式会社

(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)や、子ども向けの教育(DreamPIE)などに関わる事業を行う。また、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
ホームページ:http://company.babycome.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:新井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489
E-Mail:prs@babycome.jp
  1. プレスリリース >
  2. ベビカム株式会社  >
  3. 仕事以外で子どもを預けるママは約半数、預け先は実家などがトップ