竹芝ウォーターフロント開発計画の本体工事着手について

  竹芝ウォーターフロント開発計画は、これまで実施設計および解体工事等の先行工事を進めてまいりましたが、解体工事が終わる11月頃より本体工事に着手いたします。
※2016年7月5日に「竹芝ウォーターフロント開発計画について」をプレスしておりますが、計画の深度化により、新たに施設概要、設計・施工・運営会社をご報告いたします。

<計画概要>
 本計画は、歴史ある浜離宮恩賜庭園を臨む竹芝エリアにおいて、2020年の開業を目指して文化・芸術を核とした新たなまちづくりを行うものです。観光・ビジネス及び文化・芸術の発信拠点として、ラグジュアリーホテル、オフィス、商業施設、劇場等とあわせて屋外広場を整備し、周辺エリアと連携しながら竹芝エリア全体の賑わい創出を図ります。

<建物概要>

※行政手続き中のため、詳細は今後変更となる可能性があります。

<イメージパース> (浜離宮恩賜庭園側外観)


<計画図>

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本旅客鉄道株式会社 >
  3. 竹芝ウォーターフロント開発計画の本体工事着手について