新アーキテクチャー採用の小型ライブプロダクションスイッチャー『XVS-G1』発売

ソフトウェア処理を活用し、高いパフォーマンスと柔軟な運用を実現

ソニーは、スイッチャーのハイエンドモデルXVSシリーズの信頼性と安定性を踏襲しながら、GPU(Graphics Processing Unit)を活用した多彩な新機能を搭載した小型ライブプロダクションスイッチャー『XVS-G1』を発売します。また、専用の一体型コントロールパネル4機種も同時発売します。

ライブプロダクションスイッチャー『XVS-G1』ライブプロダクションスイッチャー『XVS-G1』

専用コントロールパネル 『ICP-X1116』(左上)、『ICP-X1124』(右上) 『ICP-X1216』(左下)、『ICP-X1224』(右下)専用コントロールパネル 『ICP-X1116』(左上)、『ICP-X1124』(右上) 『ICP-X1216』(左下)、『ICP-X1224』(右下)

〇商品名:ライブプロダクションスイッチャー
〇型番:『XVS-G1』
〇発売時期:2021年8月
〇参考システム価格*:4,500,000円
*HD標準構成の参考システム価格(コントロールパネル『ICP-X1216』含む)。金額はオプションやシステム構成によって変わります。

『XVS-G1』は、新しいアーキテクチャーを採用したライブプロダクションスイッチャーです。CPU(Central Processing Unit)、GPU(Graphics Processing Unit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)で構成した映像処理エンジンにより、小型ながら高いパフォーマンスと多彩な新機能を実現しています。オプションのGPUパック(有償)※1を追加することで、クリッププレイヤー機能、3D DME、新しいマルチビューアー表示などに対応するほか、よりスムーズな機能追加も考慮しています。

スイッチャー本体には、システムコントロール機能やデバイスコントロール機能を内蔵しており、コンパクトにシステムを組むことが可能です。システムを拡張するためのSDI入出力ボードや外部機器とのインターフェースオプション、4Kアップグレードライセンスも用意しており、小中規模のスタジオサブや中継車、イベントの送出システムなど、さまざまなライブ制作システムに対応可能です。M/E(ミックスエフェクト)は分割でき、HDでは最大4M/Eとして使用可能なほか、リサイザー対応の16キーヤーは自由に割り当てることができます。

メニューは、Wi-FiやLANケーブルを介してPCまたはタブレットのブラウザから操作できます。新たにツリー構造を採用したGUI(Graphical User Interface)で、目的のアイテムにすばやくアクセスできます。

なお、専用の一体型コントロールパネル4機種は、システムやスペースに合わせて、1M/Eまたは2M/E、16XPTまたは24XPTから選択できます。

※1: 各機能にオプションのソフトウェアライセンスが必要です

■『XVS-G1』の主な特長
1.  新しい映像処理エンジンで信頼性・安定性と高速処理を実現
CPU(Central Processing Unit)、GPU(Graphics Processing Unit)、FPGA(Field-Programmable Gate Array)で構成した映像処理エンジンにより、信頼性と安定性を維持しながら、4K信号も高速に処理できる優れたパフォーマンスを実現し、多彩な映像表現を可能にします。

映像処理エンジンのイメージ図映像処理エンジンのイメージ図

2. GPUを活用した多彩な新機能
オプションのGPUパック(有償)※1を追加することで、動画ファイルを再生するクリッププレイヤー機能や、画像の回転などさまざまな効果を付加できる3D DME、マルチビューアーへのオーディオレベルメーター/時計表示、キーヤーとは別にロゴをキーイングできるSL KEY機能に対応します。

マルチビューアーへのオーディオレベルメーター・時計表示のイメージマルチビューアーへのオーディオレベルメーター・時計表示のイメージ

3.コンパクトなシステムながら拡張性を確保
スイッチャー本体にシステムコントロールやデバイスコントロール機能を内蔵しており、コンパクトにシステムを組むことが可能です。SDI入出力ボードやインターフェースオプション、4Kアップグレードライセンスを追加することで、規模の大きなシステムや4K制作にも対応します。HDシステムでは、最大48入力24出力まで拡張できます。

〇HD
・入力:24(最大48)
・出力:12(最大24)
・M/E:2(最大4*)
・キーヤー:16
・SL KEY:4
・フレームメモリー:16ch
・クリッププレイヤー:4ch
・マルチビューアー:2
〇4K
・入力:24
・出力:12
・M/E:1(最大2*)
・キーヤー:4
・SL KEY:4
・フレームメモリー:6ch
・クリッププレイヤー:2ch
・マルチビューアー:4K×1またはHD×2
* M/Eを分割した場合

4.ツリー構造を採用した新たなGUI
メニューは、Wi-FiやLANケーブルを介してPCまたはタブレットのブラウザから操作可能です。新しくデザインされたGUIにはツリー構造を採用しており、目的のアイテムにすばやくアクセスできます。よく使う項目をお気に入りとして登録したり、ファイルをタグ付け管理したりすることもできます。


■『XVS-G1』専用の一体型コントロールパネルについて
ICP-X7000シリーズをベースに設計されており、XVSシリーズの上位機種と同様の操作感や信頼性を実現しています。AUXバスは、リモートコントロールパネルMKS-R1630/R1620から切り替えることができます。

・コントロールパネル(1M/E、16XPT)『ICP-X1116』
・コントロールパネル(1M/E、24XPT)『ICP-X1124』
・コントロールパネル(2M/E、16XPT)『ICP-X1216』
・コントロールパネル(2M/E、24XPT)『ICP-X1224』

■主な仕様
主な仕様や詳細については、商品サイトをご覧ください。
『XVS-G1』https://www.sony.jp/switcher/products/XVS-G1

※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

◆お客さまからのお問合せ先
ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口
TEL 0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日は除く)

◆ソニービジネスソリューション株式会社
http://www.sonybsc.com/
◆ソニー製品情報
http://www.sony.jp/professional/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニービジネスソリューション株式会社 >
  3. 新アーキテクチャー採用の小型ライブプロダクションスイッチャー『XVS-G1』発売