テラドローン、建設現場にて導入開始したドローン専用画像処理・解析ソフトウェアTerraMapperの活用事例のご紹介

~ドローン×地上レーザースキャナーの導入の業務効率改善事例~

TerraDrone株式会社(社長:徳重 徹、以下「TerraDrone」)が開発・販売を行う、i-Construction対応のドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」を導入した作業効率改善事例を株式会社管野組 大垣允人様について事例をご紹介いただきました。

 

 

左 2018年5月着工前 右 2018年8月施工中左 2018年5月着工前 右 2018年8月施工中


1) ドローンを導入したきっかけ
従来地上からデジカメで撮影していたデータを、空撮による現況把握を行うことで上空から鮮明に撮影することが可能になり、説明・報告資料として活用出来る様になりました。

2) Terra Mapperの導入による現場効率の向上
ドローンで撮影した連続写真から点群生成を行い、解析機能の断面図、土量計算を使用して進捗管理を行うことで、現場の時間と労力の効率化に確実に繋がっています。


業務内容とTerra Mapper導入前の課題
主な業務は、道路の新設工事をすることです。
平地の道路新設のみではなく、山間部を切り開いて道路新設工事を行います。
従来の手法では、TSを使用して20m間隔で現況地盤の横断測量を行い、平面図設計データと現況データを重ねて土量の算出を行いますが、20mの間に変化点が存在する場合、正確な土量を算出することが困難でした。

ドローン測量の魅力
UAV(ドローン)測量を導入することで、空撮した写真から点群生成することで、3次元データの管理が可能になり、”面”として現場を把握出来る様になりました。
従来ダンプカーの台数での土量計算に比べて、UAV測量による3次元での現況把握を行うことで、正確な土量計算が可能になりました。
正確な土量計算は、工事の生産性を上げ、コスト削減にも繋がり、大きなメリットを感じています。
i-constructionに必須というイメージの強いドローンですが、3次元管理を行うことで、
設計に細かな変更が発生した際にも、改めて測量をする必要がなくなるのも、魅力の一つです。

左 2018年5月着工前 右 2018年8月施工中 ( UAV写真から生成した3次元データ) 左 2018年5月着工前 右 2018年8月施工中 ( UAV写真から生成した3次元データ)

ドローン×地上レーザースキャナー
地上レーザースキャナーの点群と、ドローンの連続写真から作成した点群を合わせることで、相乗効果を発揮することが可能になります。
地上レーザースキャナーは地上に立てて使用するため、急勾配の法面や建物の屋根の点群データを取得する場合には適しておりません。
その様な場合、ドローンなら上空から撮影した連続写真から点群データを取得することが出来、地上レーザースキャナーのデメリットを補うことが出来ます。


TerraMapperの強み
ユーザーインターフェイスのわかり易さと、国産メーカーならではのサポート体制が強みです。
3次元データを扱う上で、ソフトウェアの操作性が優れていることは、導入後の従業員の負担軽減にも繋がります。
点群ソフトは初めての導入で不安もありましたが、初心者であっても簡単に操作することができました。
サポート体制が充実しているのも、安心して使用できる理由の一つだと思います。

■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社 Terra Mapper サポート
電話 : 03-4405-4237
メール: support@terramapper.com
HP : http://www.terra-drone.net

♦Terra Mapperデスクトップ版 お問い合わせ
https://mapper.terra-drone.net/contact/

♦Terra Mapper デスクトップ版 無料トライアルお申し込み
https://mapper.terra-drone.net/trial-dsk/

♦Terra Mapper デスクトップ版 サポート窓口
Tel: 03-4405-4237
Email: support@terra-mapper.com

産業機体の購入・相談ならテラストアまで│DJI正規一次代理店
https://store.terra-drone.net/

◎Terra Mapper デスクトップ版 講習会 全国で開催中!
※東京開催日はYoutube Liveにて同時配信予定

お申込みは下記よりお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhZ18n6Y9lKb6y_w9kyvDyZXJwE3_qiDaacalbo_IQVJ1M8A/viewform

■テラドローン株式会社
本社を東京におき、全国7支社とオーストラリアに拠点を構え、国内外にてドローンを用 いたレーザー・写真測量を実施、高精度3次元図面を短時間で作成、施工管理に役立つサー ビスを提供。独自技術、ノウハウによる高精度の担保、データ解析の高速化、柔軟な対応 力、自社開発のSfMドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」が特徴で、大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの 受注を中心に、500回以上のUAV測量実績を有し、i-ConstructionのUA V測量実績も全国トッ プクラス。また、ドローン運行管理システム (UTM)事業では、世界有数のUnifly社と提携し、筆頭株主として、次世代のシステム開発を 行う。グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造、販売し、海外売上比率85%、年間3 万台を売り上げるテラモーターズ株式会社。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テラドローン株式会社 >
  3. テラドローン、建設現場にて導入開始したドローン専用画像処理・解析ソフトウェアTerraMapperの活用事例のご紹介