ホームセンターグッデイでは、キャッシュレス決済比率が想定を上回るぺースで拡大中

北部九州・山口でホームセンターを運営している株式会社グッデイ(本社:福岡市博多区中洲中島町2-3 代表:柳瀬隆志)は、キャッシュレス消費者還元事業対象加盟店のため、5%還元を実施中です。
対象店舗:グッデイ全65店舗およびファブラボ太宰府(福岡県42店舗/大分県8店舗/佐賀県7店舗/熊本県4店舗/山口県4店舗)
グッデイでは、2019年12月1日現在5%還元キャッシュレス決済は、主なクレジットカード及び電子マネー・QRコード決済等となっております(一部除外有)。

【5%還元対象】
PayPay・LINEPay・d払い・楽天Pay・メルペイ・ゆうちょPay・楽天Edy・iD・WAON・nanaco・VISA・JCB・mastercard・DINERSclub・AMERICANEXPRESS・JACCS・交通系ICカード(nimoca/SUGOCA/Suica/PASMO/manaca/ICOCA)

【5%還元対象外】
はやかけん・toIca・銀嶺・Alipay・WeChatPay(店舗での支払い可)

※ゆうちょPayは一部店舗(16店舗)のみ対応可で、随時対応店舗増の予定です。
 


12月1日現在、グッデイでの購買におけるキャッシュレス決済比率等の動向は以下となっております。
  • キャッシュレス決済比率が10%以上増加しています
※2019年8月度・11月度の比較

現金決済比率 81%⇒69%
キャッシュレス決済比率 18%⇒30%

 

 

  • キャッシュレス決済比率は平日よりも土日祝で高くなります
※2019年10月~11月集計平均値

土日祝決済比率 31.4%
平日決済比率  26.1%

 

 

 

  • キャッシュレス決済方法ではPayPayが急上昇
キャッシュレス決済方法では、クレジットカードVISA・JCBの使用率が全体の60%以上(2019年4月度71.87%⇒11月度66.3%)を占めていますが、PayPayの使用率が20%近く(2019年4月度5.29%⇒11月度19.78%)へと急上昇しています。
QRコード決済では、PayPayの一人勝ちであることも分かります。

 

 

 

  • 都市圏・大型店舗のキャッシュレス決済比率が高い
グッデイ店舗では、ひびきの店・姪浜店・長尾店のキャッシュレス決済比率が全体の40%超えとなっております。
以下、基山弥生が丘店・西福岡店・山口小郡店・桧原店・土井店・久留米野中店等といった都市圏型及び大型店舗でのキャッシュレス決済利用比率が30%を超えています。

 

 




<店舗メモ>
ひびきの店(北九州市若松区小敷ひびきの・3,480㎡)/姪浜店(福岡市西区姪浜・3,823㎡)/長尾店(福岡市城南区長尾・2,791㎡)/基山弥生が丘店(佐賀県三養基郡基山町・4,474㎡)/西福岡店(福岡市西区福重・5,575㎡)/山口小郡店(山口市小郡前田町・7,483㎡)/桧原店(福岡市南区桧原・2,389㎡)/土井店(福岡市東区土井・3,680㎡)/久留米野中店(福岡県久留米市野中町・2,807㎡)

ホームセンターグッデイのキャッシュレス決済比率は、政府が掲げている「2025年までに民間最終消費支出に占めるキャッシュレス決済比率40%実現」に、非常に近いペースで迫っていることが分かります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 嘉穂無線ホールディングス株式会社 >
  3. ホームセンターグッデイでは、キャッシュレス決済比率が想定を上回るぺースで拡大中