「ちばぎん研究開発助成制度2022」における助成金交付先の決定について

 千葉銀行(頭取 米本 努)は、「ちばぎん研究開発助成制度2022」の助成金交付先を決定しましたのでお知らせします。
 本制度は、新たな技術・商品・サービスの開発を行う企業と大学・高等専門学校の共同研究を資金面からサポートし、地域産業および経済発展に寄与することを目的に2013年に創設したものです。
 今年度は、国立大学法人千葉大学(以下、「千葉大学」)、学校法人千葉工業大学(以下、「千葉工業大学」)、独立行政法人国立高等専門学校機構木更津工業高等専門学校(以下、「木更津高専」)および国立大学法人筑波大学(以下、「筑波大学」)と連携して実施しています。なお、筑波大学との共同研究が対象となるのは今回が初めてとなります。
 今年度の助成金交付先と研究テーマは下記の通りです。今回決定した交付予定額を含め、本制度における助成金交付は、累計63社/60百万円となります。

                                                以 上

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社千葉銀行 >
  3. 「ちばぎん研究開発助成制度2022」における助成金交付先の決定について