おうちでの慣れないデスク環境でガッチガチに!?「在宅ワーッ首」ビジュアル公開で在宅ワークによるコリ予防を啓発

「ピップエレキバン」や「ピップマグネループ」など、磁気の力で血行を良くし、コリをほぐす磁気治療器を販売するピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、在宅ワークによる慣れないデスク環境でのコリを表現した「在宅ワーッ首」のビジュアルを公開しました。

在宅勤務による首コリ=在宅ワーッ首にご注意を・・・!
 

  • “在宅ワーッ首”ビジュアル公開の狙い
ピップマグネループブランドでは、スマホ使用による首肩のコリとして「スマホッ首」、携帯型ゲーム機の長時間使用による首肩のコリとして「ゲームッ首」、高さの合わないキッチンでの料理時間による首肩のコリとして「料理ッ首」など、インパクトのあるビジュアルを公開し、知らず知らずのうちに悪化してしまう首肩のコリについて周知してきました。

今回は、コロナ禍での新しい生活様式にも示されている在宅ワークにおける、不慣れなデスク環境での首肩のコリに着目し「在宅ワーッ首」のビジュアルを公開しました。


直近3か月の間で在宅勤務をしたことがある136名の男女を対象に、在宅勤務中の仕事環境について調査したところ、約6割の人はローテーブルやダイニングテーブルなどを使用して勤務にあたっていることがわかりました。<図1>

不慣れなデスク環境で長時間同じ姿勢でいることで、首や肩の筋肉が緊張して硬くなります。硬くなった首・肩の筋肉は血管を圧迫し、血流が滞ることで老廃物が蓄積。この老廃物が筋肉の神経を刺激してさらに筋肉が緊張し、コリの悪循環が生まれます。

このビジュアル公開をきっかけに、在宅勤務中の姿勢への意識を高めるとともに、首肩のコリケア習慣を身に着けていただきたいと思っています。
 
  • ウィズコロナ時代の働き方に寄り添うピップマグネループ
 お仕事中も自宅で手軽にコリケア!
 つけている間中、磁気がずっと効き続け、血行をよくしてコリをほぐす。


新型コロナウイルス感染症予防のため、多くの企業が取り入れた在宅勤務制度。
緊急事態宣言が解除され、徐々に日常生活を取り戻しつつありますが、今後も、『3つの密』の回避、手洗い・マスクの着用・咳エチケットといった基本的な感染症対策は各々が心掛ける必要があり、新しい生活様式における働き方としてテレワークの継続も求められています。
そんなウィズコロナ時代に働く皆様に、ピップマグネループがそっと寄り添います。

<ピップマグネループ>

首にかけるだけで、手軽に首・肩のコリを解消する「ピップマグネループ」。ワンタッチで簡単に着脱でき、軽くて快適にフィットするので、仕事中や就寝中にも使用できます。強力磁石を内蔵し、ガンコなコリにしっかり効く「ピップマグネループEX」、やわらかなつけごこちでやさしい磁力の「ピップマグネループソフトフィット」の2種類から、長さや色の好みに合わせてお選びいただけます。
●ピップマグネループEX
●ピップマグネループ ソフトフィット

【ピップマグネループ製品概要 管理医療機器】


※ピップマグネループは、ピップ㈱の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社お客様相談室
TEL:06-6945-4427 受付時間10:00~16:00(土日祝日を除く)※通常受付時間 10:00~17:00
ピップ製品情報ホームページhttps://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップマグネループブランドサイトhttps://www.magneloop.com/
twitter公式アカウントhttps://twitter.com/pip_cp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピップ株式会社 >
  3. おうちでの慣れないデスク環境でガッチガチに!?「在宅ワーッ首」ビジュアル公開で在宅ワークによるコリ予防を啓発