高すぎる!?1本300円のりんごジュースが数量限定発売!!

誕生当初世界一大きいと言われた希少な品種「世界一」だけを使用した ストレート果汁100%のりんごジュース

  • 株式会社 JR 東日本ウォータービジネス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹内 健治)は、オリジナル飲料ブランド acure made <アキュアメイド>のひとつ「青森りんごシリーズ」から、誕生当初りんごのサイズが世界一大きいと言われた品種「世界一」だけを使用した「青森りんご 世界一」を10月6日(火)に発売します。
  • また、「青森りんご 世界一」を含む「青森りんごシリーズ」の商品だけを販売する自動販売機『りんご自販機』を、JR東日本の東京駅と上野駅の駅構内に、10月6日(火)より期間限定で設置いたします。
  • 本商品は、外出が難しいご時世の中で、東京都内をはじめとする首都圏の駅を利用されるお客さまに、少しでも青森県の魅力をお伝えしたいという想いから誕生しました。アキュアでは今後も、“地域の良いもの”を一人でも多くのお客さまに伝える・届けることができるよう取り組んでまいります。
■「青森りんごシリーズ 世界一」の概要

商 品 名:​青森りんご 世界一
価    格:300円(税込)
容器・容量:ペットボトル・280ml
発 売 日:2020年10月6日(火)
販売箇所:りんご自販機(東京駅・上野駅・青森駅・新青森駅・弘前駅)
     一部のアキュアの自販機(約100か所)
     JR 東日本ウォータービジネス通信販売
     (http://www.acure-fun.net/online/) 等
商品特徴:
・由来
青森県のりんご試験場で育成されたりんごで、誕生当初サイズが世界一大きいと言われたのが品種名の由来です。
※「デリシャス」×「ゴールデンデリシャス」の交配種
・大きさ

小さいもので350gくらいあり、大きめのものは500~600g ほどで、特に大玉のものは 1kg 近くになることもあると言われています。(通常のりんごは300g 程度)
・味
甘味と酸味のバランスが良くまろやかさが感じられる味わいです。
・希少性
大玉のものは見た目のインパクトがある為、ハレの日の贈り物に使われることも多いりんごです。甘味の調整や大きさ故の管理が難しく、青森県内でも作付面積は全体の0.5%程度と限られた数しか生産していない希少な品種で、飲料化されることは滅多にありません。

「青森りんごシリーズ」について
おいしさのヒミツはストレート果汁100%!青森りんごシリーズの原材料はりんごのみ。制作過程において空気に触れない状態で粉砕・搾汁する『密閉搾り』という手法で製造しています。この手法は無酸素状態にした機械の中でりんごをすりおろすため、酸化防止剤が不要です。“すりおろす”ことで、果肉に含まれる香りやコクがそのまま残せるため、甘いりんごは甘く、すっぱいりんごはすっぱく飲むことが可能となります。
詳しくは⇒ https://www.acure-fun.net/products/apple/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー >
  3. 高すぎる!?1本300円のりんごジュースが数量限定発売!!