プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

oVice株式会社
会社概要

oVice、Zoom Video Communicationsとの業務提携を発表

バーチャルオフィス上で、より多様なビデオ会議が可能に

oVice株式会社

バーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供するoVice株式会社(本社:石川県七尾市、代表取締役CEO:ジョン・セーヒョン、以下oVice)は、ビデオコミュニケーションプラットフォーム「Zoom」(以下Zoom)を提供するZoom Video Communications, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO: エリック・ユアン、以下Zoom社)とこの度、業務提携契約を締結したことをお知らせします。提携によりバーチャルオフィスoVice上からツール間の移動をすることなくシームレスにZoomビデオ会議へ移行することが可能となり、より多機能なビデオ会議が可能になります。

◆提携の背景
新型コロナウイルス感染拡大や働き方改革の観点から、ニューノーマルに対応した多様な働き方が模索されており、物理的なオフィスに出社する必要のないテレワークは、より一般的な働き方として浸透しつつあります。
oViceが提供するバーチャル空間「oVice」はテレワーク環境でのバーチャルオフィスとして多くの企業や、自治体、教育現場から導入いただき、これまで延べ1万件以上の利用をいただいております。
oViceはこれまでもビデオミーティング機能を搭載していました。しかしoViceのユーザーへのアンケート(回答者数112件)を行ったところ、8割以上の方が「社外の方とのオンラインミーティングはユーザー数の多いZoomで行うことが多く、Zoomと連携をしてほしい」と回答。これを受けて今回の提携が決まりました。
oViceは、Zoom社のISVパートナープログラムに参加し、ハイブリッドな働き方を支援するZoomを活用したサービス・ソリューションの開発・提供に取り組んでまいります。

◆提携でできるようになること(サービス提供開始:11月29日~)
oVice上からツール間の移動をすることなくシームレスに会議することが可能になります。また、oVice上でZoomミーティングを複数立ち上げることで、誰がどこで誰と話しているのかが可視化されて各ミーティングを行き来しやすくなり、よりインタラクティブな交流ができるようになります。

◆両社代表より今回の提携に対するコメント
・Zoom Video Communications グローバルISVパートナープログラム責任者 ポール・マグナヒー
oVice社が我々のISVパートナープログラムに参加してくれることを嬉しく思います。Zoomは、ISVパートナープログラムを通じて、複数のバーチャルオフィスやバーチャルイベントのソリューションと提携しています。 日本のoVice社が本プログラムに参加することは、私たちのグローバル展開にとって素晴らしいニュースです。今回の提携により、oVice社のお客様に、より良いオンラインミーティング体験を提供できることを楽しみにしています。

・oVice代表取締役 ジョン・セーヒョン
oViceはこれまでテレワークを行っている企業のバーチャルオフィスとして活用されてきましたが、その企業の多くがウェブ会議を行う際はZoomを使用しており、サービス連携を求める声が多数ありました。今回の連携により、一つの通信方法に制限をかけず、TPOに合わせてシームレスに様々な手段を選ぶことができるようになります。これにより、オンラインでより快適に勤務できるようにするだけでなく、今後のハイブリッドな働き方を後押しするような環境構築に貢献していきたいと考えています。

◆今後の展望
「oVice」は、ウェブ上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間です。2020年8月のサービス開始から延べ1万件以上のスペースが利用されています。
テレワークにおけるバーチャルオフィスや、オンラインイベント空間、教育現場でのバーチャルキャンパスなど、幅広い場面で活用が進んできました。なかにはバーチャル空間をつなげて「ビル化」し、そこで全社員が勤務する企業も増えています。
oViceは「バーチャル不動産」企業としてさらに発展するべく、今後は日本でのさらなる利用獲得や認知度向上だけでなく、ポストコロナにおいてオフィス出社とテレワークをミックスさせたハイブリッド勤務においても快適に使える技術開発や、サービスの拡張性を高めるためのサードパーティー連携を行っていきます。


◆会社概要
「人々の生活から物理的制約をなくす」ことをミッションに掲げ作られた、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。2021年には週刊東洋経済の「すごいベンチャー100」に選出されました。oViceはサービスリリースからこれまでに1万件以上スペースが発行され、さまざまなシーンで利用されています。
◆本件の問い合わせ先
oVice株式会社へのお問い合わせ:media@ovice.co
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
ビジネスカテゴリ
ネットサービス
関連リンク
https://ovice.in/ja/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

oVice株式会社

31フォロワー

RSS
URL
https://www.ovice.com/ja
業種
情報通信
本社所在地
石川県七尾市本府中町エ113
電話番号
-
代表者名
ジョン・セーヒョン
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2020年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード