DNP・小松マテーレ・パナソニックが「気配のつくりかた」展を開催

新しい働き方や生活様式のなかで「対面コミュニケーション」のカタチを来場者とともに考える

大日本印刷株式会社(DNP)は、小松マテーレ株式会社、パナソニック株式会社と共同で、2021年9月22日(水)から、DNPのコミュニケーションスペース「DNPプラザ」(東京都新宿区)にて、リアルな場における「対面コミュニケーション」の新しいカタチについて来場者とともに考えていく企画展「気配のつくりかた」を開催しています。この企画は「成長する展示」であり、2022年1月15日(土)までは“試作展示“として来場者からの意見やアイデアを募集し、それらを反映させたプロダクトを追加して展示内容を充実させていきます。その後、2022年1月24日(月)~3月23日(水)を“本展示”と位置づけ、さらにグレードアップさせた空間展示を行っていきます。
【「気配のつくりかた」展の狙い】
コロナ禍をきっかけの一つとして、遠隔・リモート、衛生・非接触などのニーズが高まり、さまざまな制約が顕在化するなか、対面での人と人のコミュニケーションの在り方も変化してきています。テレワークが一気に広がるなど、コミュニケーションの手法も多様になっており、リアルとバーチャルの両方の強みを活かした新しい働き方や生活様式の構築が求められています。
こうした課題に対して3社は、今回の企画展を通じて、リアルな場を活用した「対面でのコミュニケーション」の新しいカタチを来場者とともに考えていきます。生活空間を彩る機能的な製品で培ってきたDNPの「デザイン」の強みと、小松マテーレの「機能性ファブリック(素材)」の強みなどをパナソニックのコーディネイトのもとに掛け合わせて、人の気配を察して調節することで空間に変化をもたらすなど、新たなコミュニケーションにつながる空間づくりなどに取り組んでいきます。

【「気配のつくりかた」展の概要と特長】
■3社協業の取り組み
DNPが生活空間事業で培ったインテリア製品等の技術・ノウハウを活かした最適なパターンデザインと、染色を基盤に多彩な領域で事業を展開してきた小松マテーレの「機能性ファブリック」の強みを掛け合わせ、新たな空間の提案を行います。パナソニックがDNPと小松マテーレのマッチングを行います。

■気配を調節しながらリアルな場におけるコミュニケーション空間を実現する
本展示では、新しい働き方や生活様式のなかで、「働く場」という切り口で、より良い対面でのコミュニケーションの在り方を来場者とともに考えていきます。例えば、その場にいる人の気配を察することで、空間の構成要素を調節して変化をもたらすなど、新たなコミュニケーションのカタチにつながるリアルな空間の実現などを図っていきます。



■成長する展示
会期中に、来場者からさまざまな「声」をいただき、そうした反応を活かしながら、展示内容をアップデートしていく「成長する展示」です。3社は来場者の評価や感想などから新たな価値創出に向けた可能性を追求していきます。

DNPプラザ : 東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル
TEL 050-3170-0903、 WebサイトURL https://plaza.DNP/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大日本印刷株式会社 >
  3. DNP・小松マテーレ・パナソニックが「気配のつくりかた」展を開催