フルノシステムズ、iPadの画面を大型モニターに投影できる動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」を開発

iPad、iPhone、Macに対応。本機種1台で、多台数端末の同時無線接続と、電子黒板やプロジェクタの大画面へのミラーリング投影の2役を兼務。高性能CPU搭載で高速通信と反応のよいミラーリングを実現

 株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、古野電気㈱関連会社)は、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)シリーズ」の新製品として、iPadの画面を電子黒板やプロジェクタなどの大画面に手軽にワイヤレス投影(ミラーリング)できる動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」を開発しました。本機種1台で多台数の端末を同時に無線接続可能で、専用アプリケーションをインストールすることなくiPad、iPhone、Macからのミラーリングとストリーミング映像を投影できる機能を備えています。2019年秋頃発売予定です。

iPad、iPhone、Macからのミラーリング・ストリーミングを実現する動画対応アクセスポイント 「ACERA 1150i」iPad、iPhone、Macからのミラーリング・ストリーミングを実現する動画対応アクセスポイント 「ACERA 1150i」


■ ACERA 1150i の主な特徴

•専用アプリをインストールせずにiOS端末、macOS端末からのミラーリング・ストリーミング(AirPlay)に対応
•「YouTube」や「NHK for School」などの動画サイトから手軽にストリーミング可能
•ICT授業の円滑な進行を支える高性能ハードウェアプラットフォームを採用
•高速無線LAN規格「IEEE802.11ac Wave2」に対応
•アクセスポイント1台で1クラス40人のiPadを余裕をもって接続可能 (同時接続端末100台以上)
•外部アンテナをなくしたアンテナ完全内蔵設計でコンパクトな造形に


 「ACERAシリーズ」は、オフィスや学校、公共施設、商業施設などのあらゆる場所で、タブレット端末やパソコンなどの各種ICT機器を無線接続してお使いいただくための業務用無線LANアクセスポイントです。このたび開発した動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」は、主に学校で行われるICT授業での活用を想定しています。
 ACERA 1150i を教室内のテレビや電子黒板、プロジェクタとケーブル接続し、多台数のiPadを無線で連携してご使用いただけます。専用アプリをインストールしなくても、iOS端末、macOS端末から大画面へのミラーリング・ストリーミング(AirPlay)に対応する機能を備えています。You tubeやNHK for Schoolなどの動画を、大画面で手軽にストリーミング再生できます。4コアSoCと映像処理CPUの搭載により高速通信と反応のよいミラーリングを実現し、ICT授業の円滑な進行を支えることができます。


■ACERA 1150i の発売時期と販売価格、目標

品名 ACERA 1150i       
発売時期 2019年秋頃      
販売価格 オープン       
販売目標 2万台/年       



※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

 


【フルノシステムズについて】
フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現します。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』および無線LANアクセスポイント『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています。

■ホームページ http://www.furunosystems.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フルノシステムズ >
  3. フルノシステムズ、iPadの画面を大型モニターに投影できる動画対応アクセスポイント「ACERA 1150i」を開発