one visaとWOVNが 「#日本から国境をなくす」 プロジェクトを立ち上げ

~複雑な補償内容や申請方法をまとめて多言語化で発信~

​Webサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:林 鷹治)と、オンラインによるビザ申請・管理支援サービス「one visa(ワンビザ)」を提供する株式会社one visa(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:岡村 アルベルト)は、新型コロナウイルス感染症による補償として政府より発表されている情報をまとめ、多言語で発信する「#日本から国境をなくす」プロジェクトを立ち上げ、2020年5月18日より特設サイトの多言語公開を開始いたしました。

■「#日本から国境をなくす」プロジェクト概要
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府からは金銭面でのサポートを含む100以上の支援策が発表されました。その多くは支援対象を広く設けている一方で、難解な日本語による発信が大半を占めており、外国籍の方々が情報を受け取れずに困っているという声を多々、耳にします。

日本に住む在留外国人数は282万人(19年6月時点)。人口の10人に1人以上が外国籍という市区町村は全国で10カ所以上あります。これだけ多くの人が課題に直面していることを受け「one visa」と「Wovn Technologies」は、支援に関する情報を多言語でわかりやすくまとめ、一元発信する「#日本から国境をなくす」プロジェクトを発足しました。


■「#日本から国境をなくす」プロジェクト特設サイトについて(https://onevisa.co.jp/covid19-support/
特設サイトにて、緊急度の高い生活インフラに根付いた内容から、英語、簡体字、韓国語、やさしい日本語で発信するとともに、まずは外国人専門大手人材会社であるグローバルパワーに登録している4.3万人の外国籍人材や、ジャパンショッピングツーリズム協会より、JALやセブン&アイホールディングスをはじめとした外国籍人材も雇用する会員企業150社に向けて情報を届けます。

(上:英語、左下:繁体字、右下:韓国語)

■今後の展望
「#日本から国境をなくす」プロジェクトでは、今後も最新情報・他の言語への対応も視野に入れアップデートしていく予定です。WOVN.ioは、今後も増加する在留外国人の日本での生活における利便性を向上するべく、多言語化を推進してまいります。

 
■株式会社 one visaについて(https://www.onevisa.co.jp/ 
「世界から国境をなくす」というビジョンのもと、国内初、特定技能ビザを活用した海外人材への学習機会提供やビザ取得、定住支援までを一気通貫で行う海外人材の来日・定住支援サービスを展開。
社名:株式会社one visa
設立:2015年9月11日
代表者:代表取締役CEO 岡村 アルベルト
事業内容:one visaの企画・開発・運営・販売
所在地:東京都台東区浅草橋4丁目10−8 TFAビル7F
URL:https://www.onevisa.co.jp/

■WOVN.ioとは( https://wovn.io/ja/
「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Webサイト・アプリを最大40言語に多言語化し、海外戦略を成功に導く多言語化ソリューションです。大手企業をはじめ15,000サイト以上へ導入されています。既存のWebサイト・アプリに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・サイト運用、翻訳にかかる不要なコストと人的リソースを削減します。

企業情報
会社名  :Wovn Technologies株式会社
所在地  :東京都港区三田4-1-27 FBR 三田ビル8階
代表     :代表取締役 林 鷹治
設立   :2014年3月
資本金  :17億5,081万円(資本準備金含む)※2019年12月末時点
事業内容:Web多言語化ソリューション「WOVN.io」「WOVN.app」の運営
URL   :https://wovn.io/ja/

本件に対するお問い合わせ
Wovn Technologies株式会社 広報 大森
prtm@wovn.io
03-4405-9509

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Wovn Technologies 株式会社 >
  3. one visaとWOVNが 「#日本から国境をなくす」 プロジェクトを立ち上げ