ワントゥーテンと乃村工藝社、人の表情を読み取り空間にある感情の可視化を試みる「emograf」を共同制作

10月18日(金)〜27日(日)に開催される「DESIGNART TOKYO 2019」で展示

株式会社ワントゥーテン(本社:京都市、代表取締役社長:澤邊芳明、以下 1→10)は、株式会社乃村工藝社とともに、人の表情を解析し、その場の空気や盛り上がり感など、空間にある感情の可視化を試みるプロジェクトとして、機械学習モジュールを搭載したカメラにてリアルタイムに表情を取得し、デジタル表現によりビジュアライズするデバイスのプロトタイプ「emograf(エモグラフ)」を制作いたしました。

<emograf詳細>
その場にいる人の表情を、機械学習モジュールを搭載したカメラにて取得し、感情の変化(現在は笑顔判定のみになります)を数値としてデータ化します。そのデータから、感情をリアルタイムで映像の色彩や動きとして表現し、空間を鮮やかに演出したり、いつ、どこに、どのような人がいたか、などのログを残すことが可能です。

1→10は、表情情報取得デバイスの設計・制作、表情取得システムの構築を担当いたしました。

「DESIGNART TOKYO 2019」では、「emograf」を使って、笑顔をトリガーとする、光・水・影が融合したデジタルインスタレーション作品「Smile mixer(スマイル ミキサー)」を展示いたします。
 

展示作品「Smile mixer」

■DESIGNART TOKYO2019出展概要
作品名:Smile mixer
出展概要イベント名:New Communication Lab
日時:2019 年 10 月 18 日(金)〜 10 月 27 日(日)
場所:dotcom space Tokyo(東京都渋谷区神宮前1丁目19−19エリンデール神宮前B1F)

■DESIGNART TOKYOについて
世界屈指のミックスカルチャー都市・東京の街全体(表参道・原宿・渋谷・代官山・六本木など)をメイン会場に、 世界中からアート、建築、プロダクト、ファッション、フード、スポーツ、テクノロジーなどのモノとコトが集結し、都内 100 会場を超える様々な場所で多彩なプレゼンテーションが行われる国内最大級のデザイン アートイベントです。

■1→10について
最先端テクノロジーを軸に、デジタル技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団。2018年1月に行われた東儀秀樹出演の「源氏物語音楽絵巻〜儚き夢幻〜」でのデジテル映像表現、また7月に行われた市川海老蔵出演の「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」でのイマーシブ(没入型)プロジェクションなどに見られる、日本の伝統文化と先端テクノロジーの融合によるアート活動のMixedArts(複合芸術)プロジェクトや、夜の旧芝離宮恩賜公園を活用したライトアップイベントの総合演出、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTSプロジェクトなど、多くの独自プロジェクトも進行している。
https://www.1-10.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワントゥーテン >
  3. ワントゥーテンと乃村工藝社、人の表情を読み取り空間にある感情の可視化を試みる「emograf」を共同制作