きっと科学が好きになる! 理科の知識をつかい、学校でおこる事件の謎をとく科学×ミステリー。長野県松本市在住あさだりん新シリーズ「科学でナゾとき!」

デビュー作にしてヒット作となった剣道小説「まっしょうめん!」で知られるあさだりんさん、注目の新シリーズは小学校の理科で習う知識をヒントに学校でおこる不可思議な事件の謎をとく、科学×ミステリーシリーズ!

株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)は科学×ミステリーの短編集「科学でナゾとき」シリーズ(あさだりん 作)の第一作を刊行します。

 

  • 科学×ミステリー!

学校でおこる事件のナゾを科学の力でときあかせ! きっと科学が好きになる短編集。

自称パーフェクトな児童会長・彰吾にはひみつがある。それは、変人の理科教師、キリン先生が、じつは父親であることだ。彰吾は、学校でおこるさまざまなナゾを、キリン先生の科学的アドバイスで解きあかしていく! デビュー作にして、ヒット作「まっしょうめん!」シリーズにつづく、あさだりんさんの新作です。

短編集は4話を収録。

●暗い理科準備室にひびく、わらい声の正体は? <わらう人体模型事件> 
事件の鍵は「音の伝わり方」。誰もいない理科室で、人体模型から笑い声が聞こえてきた。実はそれは、水道管を通って聞こえてきた音で……。

●転校生がえがいた緑色の夕日のなぞ <太陽は何色? 事件> 
事件の鍵は「光の波長」。太陽を緑色に塗っていることをからかわれ、腹を立てた転校生。緑色の太陽はあるのか?

●ぬれぎぬをきせられた彰吾の運命は!? <消えたリップクリーム事件> 
事件の鍵は「液状化現象」。同じクラスの女子のリップクリームを盗んだ犯人にされてしまった彰吾。なぜ下校時にはなかったリップクリームが、翌朝花壇にあらわれたのか?

●とつぜん赤いなみだを流す人形のひみつ <人魚姫のなみだ事件> 

事件の鍵は「酸性とアルカリ性の性質」。図書室に生徒を呼ぶために置かれた人魚の置物が、突然赤い涙を流した! いったいなぜ?

監修 髙柳雄一(多摩六都科学館 館長)

  • あさだりんさんとは?
長野県松本市に在住のあさだりん氏は、剣道小説『まっしょうめん!』(偕成社)がデビュー作。 現在同シリーズで3巻まで刊行しています。1作目は2016年の刊行から、現在6刷を達成しているヒット作です。

  • 書誌情報

【著者紹介】
作:あさだりん
1970年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。現在は長野県松本市在住。日本児童文学者協会会員・信州児童文学会会員。作品に「まっしょうめん!」シリーズがある。

絵:佐藤おどり

イラストレーター。書籍・参考書などの装画や挿絵で活躍中。

【書籍詳細】

書名:科学でナゾとき! わらう人体模型事件
作:あさだりん
絵:佐藤おどり
定価:900円 + 税
対象:小学校高学年から
サイズ:19cm×13cm
ページ数:207ページ
ISBN コード:978-4-03-649140-7
発売時期:2020年8月6日予定

◎偕成社HP書誌情報:
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784036491407

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 偕成社 >
  3. きっと科学が好きになる! 理科の知識をつかい、学校でおこる事件の謎をとく科学×ミステリー。長野県松本市在住あさだりん新シリーズ「科学でナゾとき!」