休校期間も自宅で遊べる「ARぬりえ」全27種を無料公開

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com)を運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止による全国的な臨時休校の実施を受け、3月4日から、自宅で手軽にAR(拡張現実)体験が楽しめる「ARぬりえ」全27種をPDF形式で無料公開しました。

 

①飛行機や船、カメなどの「空や海の生きもの・乗りもののぬりえ」(計9枚)をダウンロード
https://storage.googleapis.com/litpla-public/share/nurie/drawyourworld.pdf

②スポーツカーやクレーン車などの「車のぬりえ」(計8枚)をダウンロード
https://storage.googleapis.com/litpla-public/share/nurie/sketchracing.pdf

③紙相撲をモチーフにした「力士のぬりえ」(計10枚)をダウンロード
https://storage.googleapis.com/litpla-public/share/nurie/paperrikishi.pdf


 ぬりえ用紙をダウンロードして印刷し、好きな色を塗ってスマートフォンアプリ「AR PLAYGROUND」(無料)で読み取ると、ぬりえが3Dアニメーションで現実世界に飛び出します。スマートフォンの角度を変えたり画面のぬりえを指で動かすと、360度のアングルでぬりえを見たり拡大・縮小したりして楽しめます。また、ぬりえは一度読み込めば画面を切り替えるまでアニメーションが表示され続けるため、好きな背景でぬりえと一緒に写真を撮ることも可能です。

 「AR PLAYGROUND」のARぬりえ機能はこれまで、リトルプラネットにご来場の皆様を対象に、お絵かきアトラクションで使用したぬりえを自宅に持ち帰って楽しむ“パーク体験の副次的な遊び”として提供してきました。
 今回の臨時休校を受け、パーク体験の有無にかかわらず全国の子どもたちに自宅でデジタル遊びを楽しんでほしいとの思いから、ぬりえデータの無料公開を決定しました。

「AR PLAYGROUND」アプリ情報  

 


 現在、リトルプラネットの常設パークは3月13日(予定)まで臨時休業となっています(「リトルプラネット スマーク伊勢崎」は3月15日まで)。自宅で遊んでいただいたぬりえは、営業再開後にパークへお持ちいただき、そのまま各種お絵かきアトラクションでお楽しみいただくこともできます。
 

命がやどるお絵かきの世界「DRAW YOUR WORLD」
 

お絵かき3Dレーシング「SKETCH RACING」
 

デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」


 「AR PLAYGROUND」に関するご質問・お問い合わせは公式サイトのフォーム(https://litpla.com/contact/)からお願いいたします。その際はご利用のスマートフォン/タブレット端末の機種やOSのバージョンを明記いただくとご対応がスムーズです。


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
住所:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL:http://placeholder.co.jp

【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか沼津・名古屋・福岡など全国9箇所に常設パークを展開しています。パーク一覧はこちら:http://litpla.com/space/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレースホルダ >
  3. 休校期間も自宅で遊べる「ARぬりえ」全27種を無料公開