プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

クラウドストライク合同会社
会社概要

クラウドストライク、Falcon Goのアップデートにより、中小規模企業(SMB)のサイバーセキュリティを変革

クラウドストライクが中小規模企業をランサムウェアや侵害の危険に晒す効果のないアンチウイルス製品に代わるサイバーセキュリティの「容易なソリューション」を開発

クラウドストライク合同会社

CrowdStrike(NASDAQ: CRWD)の日本法人であるクラウドストライク合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員:尾羽沢 功、以下クラウドストライク)は本日、ランサムウェア攻撃を防ぎ、データ漏洩を防止するために必要なサイバーセキュリティ保護を中小規模企業に提供するCrowdStrike Falcon® Goのゲーム・チェンジャーとなる新バージョンを発表しました。Falcon Goにより、中小規模企業は、効果のないウイルス対策ソリューションが見逃しがちな最新のサイバー攻撃を防ぐ業界最先端の保護を、わずか数回の簡単なクリックで迅速かつ容易に導入することができます。あらゆる規模の組織にAIベースのセキュリティを提供することで、クラウドストライクは中小規模企業のサイバーセキュリティ対策に新たな基準を設けようとしています。

中小規模企業の多くで使用されている従来型のアンチウイルス(AV)ツールでは、急激な増加と高度化が進む最新のサイバー攻撃に対処できません。Falcon Goは、AIを搭載するクラウドストライクのFalconプラットフォームを搭載することで最高水準の保護機能を実現します。最近のSE Labsのテストでは、ランサムウェアに対する防御率100%を達成しました。Falcon Goは数秒でダウンロードとインストールが完了するため、企業は直ちにビジネスを保護し、侵害を阻止することができます。そして、あらゆる技術レベルのお客様にとってサイバーセキュリティの導入は、かつてないほど容易になります。


クラウドストライクの最高ビジネス責任者を務めるダニエル・バーナード(Daniel Bernard)は、次のように述べています。

「サイバー攻撃やランサムウェアは、中小規模の企業にとって、決して心配をする必要のない事柄であるべきです。しかし、従来のアンチウイルス製品の失敗により、これらの企業が危険にさらされています。現在の中小規模企業向けサイバーセキュリティ製品では、この巨大な市場に対するサービスが十分でなく、保護も不十分です。Falcon Goは、AIを活用した保護機能やプロシューマー向けのユーザーエクスペリエンス、そしてあらゆるビジネスが必要とする成果、つまり侵害の阻止により、市場を変革しようとしています」


新たにリリースされたFalcon Goを導入することで、企業はセキュリティ対策への投資対効果を最大化し、サイバー攻撃に対して心配する代わりに、主要ビジネスの成長に集中することができます。中小規模企業を保護するFalcon GoのAIネイティブなサイバーセキュリティ機能は、以下の通りです。



  • 迅速なデプロイ:事前に設定された保護機能により、すぐにデバイスへの導入、保護、管理

  • 保護の確認:シンプルで統一感のあるホーム画面に、デバイスの保護状態と脅威アクティビティに加え、攻撃を阻止する製品の有効性が表示

  • データ窃取を阻止: USBメディアの完全な可視化と制御により、偶発的または意図的な企業データの流出を阻止


Vanta社でコーポレート・ディベロップメントの責任者を務めるジョシュ・ジョーンズ(Josh Jones)氏は次のように述べています。

「今日の中小規模企業は、創業初日からコンプライアンスとセキュリティについて考えねばなりません。トラスト管理をリードする当社は、あらゆる規模の企業のお客様に対し、セキュリティとコンプライアンスを自動化するサービスを提供しています。当社は、中小規模企業の皆様が今日のみならず未来の複雑なサイバー脅威に対しても自衛できるよう支援するというビジョンをクラウドストライクと共有し、その実現に向け共に情熱を持って取り組んでいます」


Spec社で共同創業者兼CEOを務めるネイト・カール(Nate Kharrl)氏は次のように述べています。

「Falcon Goは、サイバーセキュリティの導入と管理が数クリックで完了することを実証してくれました。クラウドストライクの侵害を阻止するというコミットメントとfalconプラットフォームのAI機能は、サイバー攻撃を憂うことなく、ビジネスを成長させるために必要な安心感を与えてくれます」


Everything Computers社のCSOを務めるホーマー・スクーン(Homer Scoon)氏は次のように述べています。

「私たちは、クラウドストライクが侵害を阻止するという最高のサイバーセキュリティを提供していることを知っています。Falcon Goは、迅速に導入でき、管理も容易でした。新しいコンソールにより、Falcon Goはさらに操作しやすくなり、イノベーションに対するクラウドストライクのコミットメントを実証しています」


BPG Design社でITマネージャーを務めるドン・トールステンソン(Don Thorstenson)氏は次のように述べています。

「Falconを導入することで、業界をリードするクラウドストライクの保護機能に任せ、事業運営に集中することができます。サイバーセキュリティの導入と管理がこれほど容易だったことはありません」


Falcon Goの無料トライアルをご希望の場合は、CrowdStrikeの公式ウェブサイトをご覧ください。


※この資料は、米国時間2023年 11月15 日に発表されたプレスリリースの抄訳です。


CrowdStrikeについて

CrowdStrike Holdings Inc.(NASDAQ:CRWD)は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーであり、エンドポイント、クラウドワークロード、アイデンティティ、データを含む企業におけるリスクを考える上で重要な領域を保護する世界最先端のクラウドネイティブのプラットフォームにより、現代のセキュリティを再定義しています。


CrowdStrike Falcon®プラットフォームは、CrowdStrike Security CloudとワールドクラスのAIを搭載し、リアルタイムの攻撃指標、脅威インテリジェンス、進化する攻撃者の戦術、企業全体からの充実したテレメトリーを活用して、超高精度の検知、自動化された保護と修復、精鋭による脅威ハンティング、優先付けられた脆弱性の可観測性を提供します。


Falconプラットフォームは、軽量なシングルエージェント・アーキテクチャを備え、クラウド上に構築されており、迅速かつスケーラブルな展開、優れた保護とパフォーマンス、複雑さの低減、短期間での価値提供を実現します。


CrowdStrike: We Stop Breaches


詳細はこちら: https://www.crowdstrike.jp/

ソーシャルメディア:

Blog https://www.crowdstrike.com/blog/

Twitter https://twitter.com/crowdstrike

LinkedIn https://www.linkedin.com/company/crowdstrike/

Facebook https://www.facebook.com/CrowdStrike

Instagram https://www.instagram.com/crowdstrike/

無料トライアル: https://go.crowdstrike.com/try-falcon-prevent-jp.html


© 2023 CrowdStrike, Inc. All rights reserved. CrowdStrike、Falconのロゴ、CrowdStrike Falcon、CrowdStrike Threat Graphは、CrowdStrike, Inc.が所有するマークであり、米国および各国の特許商標局に登録されています。CrowdStrikeは、その他の商標とサービスマークを所有し、第三者の製品やサービスを識別する目的で各社のブランド名を使用する場合があります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.crowdstrike.jp/

会社概要

クラウドストライク合同会社

7フォロワー

RSS
URL
https://www.crowdstrike.jp/
業種
情報通信
本社所在地
150 Mathilda Place, Sunnyvale, CA 94086 USA
電話番号
-
代表者名
尾羽沢功
上場
未上場
資本金
-
設立
2016年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード